MENU
Horizon本社サイトへ Dharmaconサイトへ
お問い合わせ
ホームリソースウェビナー / 動画
ウェビナー / 動画

本ページでは厳選したハイライトを掲載しています。Horizon本社ウェブサイトのウェビナー / 動画ページはこちらをご覧ください。Dharmacon専用ウェブサイトのウェビナー / 動画ページはこちらをご覧ください。

遺伝子改変細胞株製品

Cell line engineering with CRISPR Cas9

ゲノム編集試薬の設計、目的遺伝子のターゲティング、得られたクローンの検証方法、および二次モデルを使用する利点など、CRISPR-Cas9を使用した遺伝子工学プロジェクトに着手する際に考慮すべき主要な事項について説明しています。

Exploring inducible systems to inactivate wildtypes at scale, using CRISPR-Cas9 approaches

degronタグ付きCRISPR干渉タンパクで行えるノックダウンのレベル、dox誘導性Cas9の活用を最適化する方法、および野生型遺伝子の対立遺伝子を削除して不活性対立遺伝子に置き換えるさまざまなアプローチ(スケールアップ適用など)について説明します。

演者:Paul Russel Horizon Discovery)

言語:英語

研究アッセイ / スクリーニングサービス

High-throughput CRISPR-Cas9 Genome Engineering in Primary T Cells

エレクトロポレーションによるCRISPR-Cas9 RNPの初代ヒトT細胞への効率的なデリバリーのためのワークフローを紹介しています。このEdit-R™化学合成crRNAおよびCas9タンパク質を用いたプラットフォームにおいては、組換えDNAまたはレンチウイルスを使用することなく、そして選択マーカーを必要とせずに、わずか数時間で、数百の特異的遺伝子操作をハイスループットかつ整然と行うことが可能です。このアプローチは、多様なT細胞プロセスを研究するための一連のダウンストリームアプリケーションおよびプロトコルに広く適用できます。

演者:Judd F. Hultquist PhD (Northwestern University)

言語:英語
Phenotypic CRISPR screening: looking beyond cell viability to study complex genetic interactions

NGSを用いたPooled Library Screeningとアレイ化Screeningについて講演します。複雑な表現型のスクリーニングにおけるこれらの方法の強みや考慮すべきことなどについて、またアプリケーションの具体例などを習得することができます。

演者:Dr. Benedict Cross, Dr. Carlos le Sage and Dr. Steffen Lawo (いずれもHorizon Discovery)

言語:英語

Power Up! CRISPRi & CRISPRa Tools for Genome-Wide Screening

演者:Benedict C. S. Cross, PhD

言語:英語

遺伝子検査用標準サンプル

Using Reference Standards to Validate your NGS Oncology Workflow

NGSを用いたアッセイバリデーションやルーチン測定におけるReference Standardsの必要性、必要要件、正しい選択の仕方、ベストプラクティスについて講演しています。

演者:Hannah Child, PhD (Horizon Discovery)

言語:英語