MENU
Horizon本社サイトへ
お問い合わせ
ホームリソース実験のヒント

実験のヒント

リンクより、お探しの製品/カテゴリーをクリックしてください。

CRISPR / RNAiスクリーニング

日本語 英語
マクロファージの分化を理解するための、全ゲノムCRISPRノックアウトスクリーニング

Gisela Jimenez-Duranらによる最近の論文は、Horizo​​n Discoveryによって実施された全ゲノムCRISPRノックアウトスクリーニングが、炎症誘発性マクロファージを調節できる既存の阻害剤をどのように同定したかをわかりやすく示しています。

Link Link
CRISPRスクリーニングを成功させるための最初のステップ:アレイ化またはプール化ライブラリーを用いたスクリーニングのどちらを選択するか?

研究の生物学的クエスチョンにに応じて、どちらかのフォーマットが他方よりも適している場合があります。アプリケーション、利点、および特別な考慮事項を説明しています。

Link Link
創薬における細胞パネルスクリーニングと機能ゲノミクススクリーニングの利点

利用できる多くの選択肢の中から最適なセルベーススクリーニングを選ぶ際に、意思決定が複雑になることがあります。ここでは、主な選択肢である細胞パネルスクリーニングと機能ゲノミクススクリーニングを概観します。

Link Link

免疫アッセイ

日本語 英語
混合リンパ球反応(MLR):現代医薬の免疫評価のための古典的なアッセイ

混合リンパ球反応(MLR)アッセイと、このアッセイが低分子医薬またはバイオ医薬品の免疫系における潜在的な影響を評価するための必須のアッセイである理由について学びます。

Link Link

ゲノム編集

日本語 英語
Cas9 ヌクレアーゼ誘導発現用レンチウイルス粒子によるゲノム編集タイミングの制御

Edit-R誘導型レンチウイルスCas9発現ベクターは、最適化されたドキシサイクリン誘導型システムを使用して遺伝子ノックアウトの時間的制御を行うことができます。

Link Link
CRISPRゲノム編集を検出および検証するための戦略

実験の目的とゲノム編集の性質に応じて適切なアッセイを選択することで、さまざまな情報量、情報の種類を得ることができます。

Link Link

クローン細胞株を用いるか、プール細胞集団を用いるか?

CRISPRテクノロジーによりゲノム編集細胞集団を作製後、クローン細胞株を用いるかプール細胞集団を用いるかを決定する際に考慮すべき最も重要な4つの事項をご説明しています。

Link Link
CRISPR-Cas9ノックアウト実験を開始するときに考慮すべき5つの事項

実験の成功を確実にするにはどうすればよいか。CRISPR-Cas9を用いた遺伝子ノックアウト実験を計画する際に考慮すべき5つの主要ポイントのクイックリストです。

Link Link
CRISPRノックアウト実験用の致死性ポジティブコントロール

Edit-R Lethal crRNAコントロールは、細胞死を誘導するユニバーサルなポジティブコントロールです。トランスフェクション効率の迅速で視覚的かつ定量化可能な指標を提供します。

Link Link
ヒト人工多能性幹細胞(iPSC)のゲノム編集プロトコール

CRISPRを用いたiPSCの編集に関する3つのアプリケーションノートを開発しました。

Link Link
初代単球のゲノム編集研究を可能にする重要なステップ

UCSFのグラッドストーン研究所の研究室は、HorizonのEdit-R™ 化学合成ガイドを用いて、その機能と分化能を維持しながら単球の遺伝子を編集するプロトコールを開発しました。

Link Link

化学合成ガイドRNAを用いた多重ゲノム編集から期待できること

CRISPR-Cas9試薬と3つの遺伝子を標的としたガイドを1つの細胞集団に導入し、次にクローン細胞株からランダムに選択したサブセットを分析して、多重化されたゲノム編集効率を調べた概念実証研究です。

Link Link
CRISPRガイドRNAがひきおこす自然免疫応答について

化学合成ガイドRNAは、in vitro転写で作製されたRNAによって引き起こされるような不要な細胞応答を生じません。

Link

CRISPR Modulation

日本語 英語
Welcome to the toolbox, CRISPRi

Horizonの新しいCRISPRmod CRISPRi遺伝子転写抑制ツールにより、遺伝子発現調節実験はフレキシブルで利用しやすいものになりました。このシステムは、不活化Cas9ヌクレアーゼ(dCas9)を使用して、DNAを切断せずに標的遺伝子の転写をブロックします。

Link Link
CRISPR activation用のアレイ化フォーマットの化学合成ガイドRNAによる遺伝子機能獲得研究の拡張

CRISPRaシステムを使用した転写活性化のための化学合成crRNAの有用性を示したThe Journal of Biotechniques掲載(2020年)論文の要約をご紹介します。

Link Link
CRISPRaシステムを用いたシグナル伝達経路の興味深い解析

化学合成crRNAを用いたCRISPRaによるIL1R2過剰発現のシグナル伝達効果の検出

Link Link
ORF or CRISPRa? ハイスループットgain-of-functionスクリーニングに関する考慮事項

ハイスループットORFスクリーニングを設定する際の最大のハードルと、アレイ化されたCRISPRaアプローチがどのように優れた戦略であるかを示します。

Link Link

siRNAソリューション

日本語 英語
RNAi実験を確実に成功させるための適切なコントロールの使用

注意深く設計されたRNAi実験には、未処理細胞、模擬トランスフェクト細胞、ネガティブおよびポジティブコントロールを最低限含める必要があります。

Link Link
RNA干渉実験におけるオフターゲット効果の低減

DharmaconのON-TARGETplus siRNAがどのようにターゲット特異性を確保し、オフターゲット効果を回避してRNAi研究に信頼をもたらすかを学びます。

Link Link
初代免疫細胞におけるAccell siRNAノックダウンの実証された有用性

Accell siRNAは、トランスフェクションが困難な初代免疫細胞の遺伝子ノックアウトに使用されており、多くの参考文献があります。詳細については、こちらをご覧ください。

Link Link
siRNA: To pool, or not to pool?

siRNAを個別で使用するか?プール使用するか?決定する際に考慮すべき要素を説明しています。

Link Link
トランスフェクションが難しい細胞でRNA干渉(RNAi)実験を成功させるためのワークフローの最適化

トランスフェクションが難しい細胞株における遺伝子ノックダウン実験における実証済みの段階的な実験ワークフローをご紹介します。

Link Link

カスタムRNA合成

日本語 英語
RNAオリゴを使用したin vivo実験に関する5つの考慮事項

in vivo実験用にオリゴを注文する際に考慮すべきいくつかの重要なポイントをご説明します。

Link Link
カスタムRNA合成:化学修飾によるユニークなRNAiアプリケーション

HorizonのRNAiソリューションにおける化学修飾について説明しています。

Link Link

細胞モデル

日本語 英語
HAP1細胞株を用いた実験を成功させるために

HAP1細胞株の培養に不慣れな場合は、このブログのヒントをご参照いただくことで、HAP1細胞株を用いた実験を成功させることができます。

Link Link
ノックアウト細胞株を用いて研究を検証および拡張する5つの例

ノックアウト細胞株を、研究ツールの検証、パスウェイの主要なプレーヤーの同定、 薬理効果の確認、疾患モデル、 疾患関連変異と病態の関連性の研究で使用する例を説明しています。

Link Link

遺伝子解析用標準サンプル

日本語 英語
Horizon標準サンプルの全エクソームシーケンス

Horizonの汎用される標準サンプルの全エクソームシーケンスデータがご利用可能となりました。この新しい製品情報が、遺伝子診断法の開発をどのようにサポートできるかについて説明しています。

Link Link
cfDNA合成マトリックス標準サンプルによるリキッドバイオプシーの課題への挑戦

合成血漿を用いたcfDNA標準サンプルは、リキッドバイオプシーの検出限界(LOD)と偽陽性率を検証し、ヒト血漿をコントロールとして使用する課題を解消できる可能性があります。

Link Link
cfDNA標準サンプルによるリキッドバイオプシー検査の精度管理

多様な抽出プラットフォームと適合性のある合成マトリックスCell Free DNAは、標準サンプルの選択の幅を広げます。

Link Link

新型コロナウイルス感染症研究製品 / サービス

日本語 英語

新型コロナウイルス感染症 研究支援製品

新型コロナウイルス検出アッセイ開発と新型コロナウイルス感染症研究のために、Horizonがご提供できるツールについてまとめました。

Link Link