MENU
Horizon本社サイトへ
お問い合わせ
ホームリソース実験のヒント / SDSs実験のヒント新型コロナウイルス感染症 研究支援試薬

新型コロナウイルス感染症 研究支援試薬

新型コロナウイルス検出アッセイ開発と新型コロナウイルス感染症研究のために、Horizonがご提供できるツールについてまとめました。

新型コロナウイルス感染症の世界的な流行は世界的な対応を必要としています。Horizonは新型コロナウイルスとの戦いを可能な限り支援することをお約束します。

【本社サイト】COVID-19 research support

以下の情報にアクセスいただけます。文内のリンクは日本語サイトをご紹介しています。

 

新型コロナウイルス感染症研究ツール

ターゲット遺伝子のサイレンシング、または内在性遺伝子過剰発現:

siRNACRISPR activation

疾患モデルになる遺伝子改変細胞:

約7500種の遺伝子改変済み細胞、とカスタム細胞作製

専任チームによる機能ゲノミクススクリーニングサービス:

関連細胞(ヒト肺上皮 A549細胞など)で利用可能な遺伝子ノックアウトノックダウン遺伝子の内因性過剰発現スクリーニングサービス

ゲノム情報工学のためのバイオインフォマティクス設計ツールと試薬:

HDR Donor Designerを使用してデザインしたガイドRNAとドナーテンプレートを用いた遺伝子ノックイン実験により、結合ドメインの機能解析や、タンパク質間相互作用解析、局在性解析などができます。

 

ウイルスゲノム機能研究

Horizonの情報技術者は、COVID-19を引き起こすコロナウイルスゲノムに対するカスタムsiRNAを複数設計しました。これらカスタムsiRNAをご希望の方は弊社までご相談ください。

 

COVID-19検出アッセイツール

RT-PCR結果の精度担保のために、DharmaconカスタムRNAをコントロールとして利用できます。

RNAコントロール:長鎖RNA合成における20年以上の専門知識を生かし、早い納入期間で高純度のRNAコントロールをご提供できます。(本社サイト

  • 核酸増幅のRun-to-runコントロール
  • PCRマスターミックスの性能モニタリング
  • アッセイインヒビターの特定

ACE2関連研究製品

2004年のSARSアウトブレイクと現在のSARS-CoV-2研究の文献は、細胞へのウイルス侵入に対するACE2(アンジオテンシン変換酵素2)の重要性を指摘しています。Scienceの最近の論文に記載されているように、ACE2はこれらのパンデミックコロナウイルスの両方に対する細胞側の受容体です。ウイルスのスパイク糖タンパク質(Sタンパク質)は、ACE2の二量体と相互作用し、B0AT1の二量体と複合体を形成します。分子の会合は、SARSコロナウイルスの細胞への侵入をゲーティングする重要なステップです。下流では、追加の最近の研究により、膜貫通プロテアーゼであるセリン2TMPRSS2)がSタンパク質のプライミングに不可欠であることが示され、TMPRSS2阻害は潜在的な治療オプションを示しています。

Horizon Discoveryは、ACE2B0AT1TMPRSS2siRNAshRNACRISPRガイドRNA製品、およびノックアウト細胞モデルをご用意し、治療に関連するウイルスとホスト間の相互作用の研究を支援します。

 

当社の新型コロナウイルス感染症対策と事業状況については、こちらをご覧ください。