MENU
Horizon本社サイトへ
お問い合わせ
ホームリソースアプリケーションノート遺伝子改変細胞株製品 アプリケーションノート

遺伝子改変細胞株製品 アプリケーションノート

日本語 英語
IDH変異細胞株の特性:疾患メカニズム研究モデル

イソクエン酸デヒドロゲナーゼ遺伝子IDH1/2に変異を導入したHCT116細胞株を用いて、2-ヒドロキシグルタル酸生成とGLUT1(Glucose Transporter)発現など代謝産物の変化を解析した事例を紹介しています。

PDF
異なるB-Raf変異状態の同質遺伝子細胞株におけるB-Raf阻害剤に対する細胞応答の特性:インヒビタースクリーニングモデル

B-Raf遺伝子に変異を導入した細胞と、B-Raf遺伝子座以外は遺伝的に同質(アイソジェニック)な親細胞株を用いて、B-Raf阻害剤に対する細胞応答の特性を解析した事例を紹介しています。

PDF
BRCA2(-/-)細胞株を用いた化合物スクリーニング:合成致死性モデル

BRCA2遺伝子をノックアウトしたDLD-1細胞株と、BRCA2遺伝子座以外は遺伝的に同質(アイソジェニック)なDLD-1親細胞株の両方を用いて、合成致死性化合物の感受性を研究した事例を紹介しています。

PDF PDF
DNA修復遺伝子の欠失した細胞株を用いた化合物のスクリーニング

LIG4やPRKDCなどの主要なDNA修復遺伝子をノックアウトした遺伝子改変細胞株を用いて、これらの細胞株のDNA標的剤に対する感受性を確認した例を紹介しています。

PDF PDF
DLD-1 p53遺伝子改変細胞株を用いた化合物スクリーニング:DNA損傷剤と細胞周期チェックポイント標的剤の併用スクリーニングのモデルシステム

DLD-1細胞の p53遺伝子を改変することで得られた、野生型p53、変異型p53およびp53欠失を持つ細胞株を用いて、チェックポイント標的剤を評価した例を紹介しています。

PDF PDF
PI3K変異選択的阻害剤としての塩化リチウム:薬剤の再目的化研究モデル

PI3Kα遺伝子に変異を有するHCT116とMCF10A細胞株を用いて、塩化リチウムの変異選択的な応答に関する報告を再現した例を紹介しています。対照薬剤としてグリコーゲン合成酵素キナーゼ3阻害剤であるSB216763を使用して試験しています。

PDF
EGFR変異細胞株における化合物選択性と耐性機序研究例

様々なEGFR変異を導入したMCF10A細胞株と、EGFR遺伝子座以外は遺伝的に同質(アイソジェニック)なMCF10A親細胞株の両方を用いて、複数のEGFR阻害剤を試験した例を紹介しています。

PDF
変異型または野生型PI3Kを内因的に発現するMCF10A細胞株:mTOR標的化合物をスクリーニングするモデル系

mTOR阻害剤が、PI3Kα (H1047R変異あり)を発現するMCF10A細胞株の増殖を選択的に遅延させる事例を紹介しています。

PDF
NanoLuc内在性レポーター細胞株の使用例:cMycおよびp21遺伝子の転写に対するBrd4阻害剤の効果

NanoLucレポーターアッセイは、内因性レベルでの転写およびタンパク質発現を簡便に効率よく検出するシステムで、ハイスループットアッセイにも適しています。ここでは、MYC(cMyc)およびCDKN1A(p21)NanoLucレポーター細胞株において、Brd4阻害剤の濃度範囲を変え試験した事例を紹介しています。

PDF
K-Ras遺伝子に変異を導入したSW48細胞株における活性化パスウェイ分析:患者層別化研究モデル

様々なK-Ras変異を有するSW48細胞株を、K-Ras遺伝子座以外は遺伝的に同質(アイソジェニック)な親細胞株とともに用いて、K-Ras下流シグナルの活性化/不活化反応を検出しています。遺伝的背景に基づく患者層別化と合理的な治療の組み合わせである個別化治療研究のモデルとなり得る可能性を示しています。

PDF