MENU
Horizon本社サイトへ
お問い合わせ

siRNAスクリーニング

HorizonのsiRNAスクリーニングの性能と同質細胞株パネルを使用して、創薬の新しいターゲットを同定する。

Horizonはロボットリキッドハンドリングを使用して、ライブラリアッセイプレートを準備し、迅速かつ効率的なワークフローでハイスループットスクリーニングを管理することができます。このインフラは、二次スクリーニングとターゲットの検証にも役立ち、ヒット検証のためのorthologousアプローチを検討し、多数の有望なターゲットを同時に進行させることができます。

HorizonのsiRNAスクリーニングプラットフォームが適用可能な研究
  • 合成致死ターゲットの特定
  • ターゲットの識別と検証
  • 抵抗性メカニズム研究
  • 患者の層別化研究
HorizonのDruggable genomeゲノムsiRNAライブラリーに含まれる遺伝子(左:分子別、右:研究領域別)

 

siRNAスクリーニングプラットフォーム
  • 約2000のsiGENOME SMARTpool試薬の精選されたライブラリーを使用
  • ライブラリーのサブセットまたはカスタムライブラリーも利用可能
  • 各細胞株は、増殖培養条件とトランスフェクション効率のために最適化されます。
  • バーコード付き384ウェルライブラリプレートはロボットリキッドハンドリングを使用して作製
  • 細胞にはハイスループットプレート処理でリバーストランスフェクション法で導入
  • 評価エンドポイント:生存率(例:ヘキスト染色)
  • より小さなライブラリーを使用する2次スクリーニング(ターゲット検証)は、3Dまたは低酸素条件で実行可能

 

同質細胞株ペアを使用したsiRNAスクリーニングデータ

    ヒット(赤枠内)が潜在的な合成致死ヒットと認識され、二次的なアッセイスクリーニングの対象となりました。

    アプリケーションノートはこちらから

    詳細についてはお問い合わせください。