MENU
Horizon本社サイトへ
お問い合わせ

Dual CRISPRi & CRISPRaスクリーニング

機能喪失と機能獲得を組み合わせたスクリーニング

Dualスクリーニングは、CRISPRiおよびCRISPRa遺伝子発現調節技術を用いたスクリーニングを並行して行うもので、正負異なる遺伝子発現調節により、薬物と遺伝子の相互作用を同定できる性能を持ちます。このアプローチは、斬新でパワフルかつ体系的な方法を提供します。

適用可能な研究

  • 薬物の作用メカニズム
  • 新規バイオマーカーの同定
  • 新しい併用療法のターゲットの同定
  • 希少疾患薬等のリポジショニングによる適応拡大

 

CRISPRiCRISPRaを一緒に使用することで、創薬研究プログラムを強化し、ターゲットの発見を加速できるスクリーニングです。Dualスクリーニングは、同じ実験モデルで並行して行う遺伝子の機能喪失と機能獲得についての生物学的効果に対する深い洞察を提供するもので、薬物と遺伝子の相互作用スクリーニングの新しいゴールドスタンダードといえます。

プラットフォーム紹介

Webinar

プラットフォームの詳細については、Dual CRISPRi & CRISPRaスクリーニングに関するウェビナーをぜひご覧ください。

 

ポスター

 

アプリケーションノート

 

 

詳細についてはお問い合わせください。

 

関連リンク

【本社サイト】Dual CRISPRi and CRISPRa Screening