MENU
Horizon本社サイトへ Dharmaconサイトへ
お問い合わせ
CRISPRa(Activation)スクリーニング

CRISPRa(Activation)スクリーニングは、遺伝子の機能獲得(gain-of-function)研究の可能性を提供します。

適用可能な研究

  • ゲノム規模でのgain-of-function効果の研究
  • gain-of-function表現型の研究による薬物―遺伝子相互作用の探索
  • loss-of-function効果の検証

プラットフォーム紹介

CRISPRaスクリーニングプラットフォームは、Horizonの非常に高度なCRISPR KOスクリーニングプラットフォームに基づいており、現在までに200以上の実績があります。

サービス内容
  • プール化レンチウイルスアプローチ
  • 最適化された細胞株リストからの選択、またはスクリーニング前の細胞株評価も可能
  • ヒト全ゲノムCRISPRaライブラリーまたはカスタムライブラリーから選択可能
  • カスタムスクリーニングデザインも可能
  • 次世代シークエンシング+バイオインフォマティクス解析+ヒットノミネートまで
  • 納期:12〜24週間

 

納品データ
  • 阻害 / 活性化により目的の化合物への反応を変化させる遺伝子のリスト
  • 実験計画、すべての生データおよび分析データ、および研究の結論を含む最終報告

関連リンク

CRISPRa(Activation)スクリーニングプラットフォームの詳細については、ウェビナーをご覧ください。

CRISPR a(Activation)スクリーニング ウェビナー

(Horizon本社ウェブサイトに移動します)