MENU
Horizon本社サイトへ
お問い合わせ

Quantitative Multiplex 遺伝子解析用標準サンプル

6遺伝子上に11のがん関連変異を含む標準サンプルです。幅広いアレル比と複数のフォーマットでFFPE検体の抽出からバイオインフォマティックス解析まで遺伝子解析の系全体の評価にご使用いただけます。

特徴
  • 11のがん関連変異を幅広いアレル比(0.8-24.5%)に調整
  • デジタルPCR法により11変異のアレル比を検証済み
  • gDNA、FFPE、fcDNAフォーマットをご用意
  • FFPEフォーマットでは、DNA抽出からインフォマティクス解析まで、解析プロセス全体の評価が可能

Formalin Compromised DNA (fcDNA)フォーマットとは
ホルマリン固定により損傷を受けたDNAを再現した標準サンプルです。損傷状態が異なる3種類をご用意しています。

遺伝子と変異
  • 6遺伝子(BRAF、KIT、EGFR、KRAS、NRAS、PIK3CA)
  • 11 変異
製品番号 製品名 フォーマット 容量 濃度
HD200 Quantitative Multiplex FFPE DNA FFPE 1 切片
HD701 Quantitative Multiplex gDNA gDNA 1 µg 50ng/uL
HD798 Quantitative Multiplex Formalin Compromised DNA

(Mild)

fcDNA 1 µg 50ng/uL
HD799 Quantitative Multiplex Formalin Compromised DNA

(Moderate)

fcDNA 1 µg 50ng/uL
HD803 Quantitative Multiplex Formalin Compromised DNA

(Severe)

fcDNA 1 µg 50ng/uL

** フォーマット毎にアレル比(Expected AF)は異なる場合があります。詳しくは本社ウェブサイトでご確認ください。
** * 親細胞株由来変異のアレル比は参考データです。バッチ毎にアレル比は検証しておりません。

関連リンク

本社ウェブサイトの各Quantitative Multiplex Reference Standardページをご確認ください。

Quantitative Multiplex FFPE DNA

Quantitative Multiplex gDNA

Quantitative Multiplex Formalin Compromised DNA (Mild)

Quantitative Multiplex Formalin Compromised DNA (Moderate)

Quantitative Multiplex Formalin Compromised DNA (Severe)