MENU
Horizon本社サイトへ
お問い合わせ
SMARTvector Inducible Lentiviral shRNA

厳密に制御された遺伝子ノックダウン実験が可能な最も先進的で柔軟な単一ベクター誘導性shRNA

SMARTvector Inducible Lentiviral shRNAは、SMARTvector shRNAの最先端の設計アルゴリズムとプロモーターや蛍光レポーターオプションの柔軟性に、Tet-On 3Gテトラサイクリン誘導発現システムを組み合わせています。この新しい単一ベクター制御性RNAiシステムにより、shRNAの発現が厳密に制御された安定した細胞を迅速に開発できます。

単一ベクター内の最適化された誘導性遺伝子ノックダウンシステム

SMARTvector Inducible Lentiviral shRNAベクターは、Tet-On®3G二分誘導システムを組み込んでいます。第3世代のTet誘導性システムは、大幅に改善され、最小限の基礎発現(最低の漏出)と誘導時の強力な活性化のために最適化されています。Tet-On®3G Inducible Systemは、厳密に制御されたshRNA発現と、in vivoおよびin vitroでの遺伝子機能の研究をかつてない精度で可能にします。

特長

SMARTvector Inducible Lentiviral shRNAベクターは、堅牢で制御可能で再現性のあるshRNAベースの遺伝子ノックダウンのために、以下のような強力な機能を備えています。

Tet-On®3G誘導システム

最新世代のTet誘導発現技術であるTet-On®3G誘導システムを利用して、shRNAとレポーター遺伝子発現を厳密に制御できます。

実験に合わせた柔軟な製品選択が可能

デザイン済み shRNAノックダウンコンストラクト

ヒト、マウス、ラットのほぼ全ての遺伝子について平均的に8-10個のshRNAノックダウンコンストラクトをデザイン済みです。

最適なプロモーターを選択可能

使用する細胞において、shRNAの発現を駆動・制御する最も適切なプロモーターを4つのプロモーター*(mCMV, PGK, hEF1α, mEF1α)から選択できます。選択には、「SMARTchoice Inducible Non-targeting Control 4-Pack」をお使いいただけます。

*一部のプロモーターオプションは、カスタム製品として、またはリクエストに応じてのみ利用できる場合があります。

SMARTchoice Inducible Non-targeting Control 4-Pack

蛍光レポーターを選択可能

2つの蛍光レポーター(TurboGFPおよびTurboRFP)から選択できます。

2種類の製品フォーマット

大腸菌グリセロールストックあるいはReady-to-useの高力価レンチウイルス粒子をご用意しています。

トランスフェクションが困難な細胞、非分裂細胞タイプにも使用可能

初代細胞、神経細胞、幹細胞などのトランスフェクションが困難な細胞を含む、分裂および非分裂細胞タイプにも適しています。

遺伝子ノックダウン保証

規定の条件で70%以上の遺伝子ノックダウンを保障します。

独自のshRNA配列設計アルゴリズムとmicroRNA scaffoldを採用

  • 効率よくプロセッシングされる独自のmicroRNAベースshRNAの採用
    • 成熟鎖がRISCに優先的に取り込まれ活性が高い
  • 合理的に設計された、高度に機能的な遺伝子ターゲティング配列
  • 機能的ノックダウンテスト用に500以上の内因性mRNAデータポイントでトレーニングされたアルゴリズム
  • オフターゲット遺伝子ノックダウンを低減するためのバイオインフォマティクス戦略の組み込み
    • microRNAシード領域配列頻度が低いshRNAデザインの選択
    • 既知のmicroRNAおよび毒性ヌクレオチドモチーフのshRNAデザインの追加フィルタリング
  • タンパク質をコードする遺伝子はORFと3’UTRで標的とされます。Long non-coding RNAは、転写産物の全長にわたって標的とされます。

microRNAベースshRNAについて

 

アプリケーション

最も感度の高い生物学的アプリケーションのために、これまでにないレベルの感度と遺伝子ノックダウン制御を実現

遺伝子がノックダウンされるタイミングと程度を制御する機能は、生物学的に関連する生理学的および疾患関連の条件下でin vitroおよびin vivoでの遺伝子機能を解明するタスクにとって、非常に貴重であることが証明されています。制御可能なRNAiシステムは、ノックダウンすると細胞の状態とダイナミクスに有害な影響または不可逆的な変化を引き起こす可能性がある遺伝子の機能分析に特に役立ちます。SMARTvector Inducible Lentiviral shRNAプラットフォームは、以下を含む多くの潜在的なアプリケーションに役立ちます。

in vitroアプリケーションなど

  • 遺伝子機能の研究
  • 経路とネットワークのモデリング
  • 成体細胞/胚細胞の運命を操作する
  • 疾患細胞モデル作製
  • 薬物標的と作用機序(MOA)の検証

 

ex vivoアプリケーションなど

  • 腫瘍表現型検証
  • ヒト成体幹細胞/胚細胞の改変

 

in vivoアプリケーションなど

  • 進行性疾患のモデリング
  • トランスジェニックモデルの開発

製品情報

SMARTvector Inducible Lentiviral shRNA

製品 生物種 プロモーター レポーター 製品形態
Individual SMARTvector

Inducible Lentiviral shRNA

Human

Mouse

Rat

mCMV, PGK,

hEF1α, mEF1α

TurboGFP

TurboRFP

100μL,2×10^7 TU/μL

200μL,2×10^7 TU/μL

大腸菌グリセロールストック

Set of 3 SMARTvectorInducible Lentiviral shRNA 100μL,2×10^7 TU/μL

200μL,2×10^7 TU/μL

大腸菌グリセロールストック

レンチウイルス粒子フォーマット

Dharmaconでは、高品質のレンチウイルス粒子製製品の提供に取り組んでいます。そのため、厳密なQCコントロール下で、各構成を複製、パッケージ化、および濃縮しています。レンチウイルス粒子の生産と品質管理手順の固有の複雑さのため、製造期間は4〜6週間と推定されています。次の形式を提供しています。

Set of 3:3つの異なる遺伝子ターゲティングコンストラクトのセット

  • 同じ遺伝子を標的とする複数のshRNAを評価し、使用する細胞でのmRNAノックダウンをより確実にするのに最適です。
  • 100 µL(4 x 25 µL), 1 x 10^7 TU / mL±20%、または200 µL(8 x 25 µL), 1 x 10^7 TU / mL±20%(力価はGFP陽性HEK293T細胞のFACS解析によって決定されています。)

 

Individual:個々の遺伝子ターゲティングコンストラクト

  • 最高のパフォーマンスを発揮するものとして決定した1~2つのコンストラクトの注文に最適です。
  • 100 µL(4 x 25 µL), 1 x 10^7 TU / mL±20%、または200 µL(8 x 25 µL), 1 x 10^7 TU / mL±20%(力価はGFP陽性HEK293T細胞のFACS解析によって決定されています。)
SMARTvector Inducible Lentiviral shRNAベクター属性を選択する柔軟性

SMARTvector shRNAおよびレポーター遺伝子の誘導性制御はTet 3Gプロモーター(PTRE3G)によって付与されますが、Tet-On®3Gトランスアクチベータータンパク質の発現は恒常的RNA pol IIプロモーターの制御下にあります。恒常的RNA pol IIプロモーターの選択は、PuroRおよびTet-On®3Gトランスアクチベータータンパク質の確実な生産を確保するために重要です。これにより、形質導入細胞の抗生物質選択および厳密に制御されたshRNAの発現が可能になります。プロモーター活性は、さまざまな細胞株によって大きく異なり、その結果、shRNAを介した遺伝子ノックダウンの有効性と効力に影響を及ぼします。SMARTvector Inducible Lentiviral shRNAには、4つの構成的プロモーターと2つの蛍光レポーターオプションが含まれているため、RNAi実験の成功の機会が最大化されます。

SMARTvector Inducible Lentiviral shRNAデザイン

ベクター中の要素 説明
5′ LTR 5′ long terminal repeat
Ψ Psi パッケージングシグナル配列
RRE Rev response element

(完全長ウイルスゲノムのパッケージング効率を向上)

PTRE3G Tetracycline応答エレメントを持つ誘導性のプロモーター

(doxycyclineの存在下でTet-On 3Gアクチベータータンパク質によって活性化)

tGFP 遺伝子形質導入と発現の確認マーカー(TurboGFP遺伝子)
tRFP 遺伝子形質導入と発現の確認マーカー(TurboRFP遺伝子)
SMARTvector

universal scaffold

内在性のmicroRNA 転写産物を模倣するようにデザイン
SMARTchoice promoters 4種類のプロモーターから選択可能
PuroR Puromycin耐性遺伝子

(ベクターの導入された哺乳動物細胞の選別用マーカー)

2a 2a self-cleaving peptide(自己切断活性を持つ短いペプチド。Puromycin耐性遺伝子産物およびTet-On 3Gアクチベータータンパク質の同時発現を実現)
Tet-On 3G Doxycyclineによって制御されるアクチベータータンパク質
(Doxycycline存在下でPTRE3Gに結合)
WPRE Woodchuck hepatitis posttranscriptional regulatory element

(導入遺伝子の発現を促進)

3′ SIN LTR 3′ 末端の自己不活性化(self inactivating) long terminal repeat

 

SMARTvector Inducible Lentiviral ポジティブおよびネガティブコントロール

  • 遺伝子特異的な実験の前に、形質導入およびアッセイ条件を最適化します。
  • ネガティブコントロール粒子:シーケンス固有/非固有のノックダウン効果を区別できます。
  • ポジティブコントロール粒子:ハウスキーピング遺伝子を標的とする確認済みのshRNAコンストラクトを使用して、遺伝子ノックダウンを確認できます。
  • 50 µL(2 x 25 µL), 1 x 10^7 TU / mL±20%(力価はGFP陽性HEK293T細胞のFACS解析によって決定されています。)

SMARTvector  Inducible Lentiviral shRNA 実験用コントロール

サポートデータ

SMARTvector Inducible Lentiviral shRNAの機能データはコチラから本社サイトをご覧ください。

保証

SMARTvector InducibleレンチウイルスshRNA機能保証

同一遺伝子(タンパク質をコードする遺伝子に限る)をターゲットとする3種類以上のshRNAクローンを用いて実験を行った場合、そのうち1つについて、mRNAレベルで70%以上の遺伝子発現抑制を保証します。この機能保証では、使用する細胞に最適なプロモーターを搭載したターゲットshRNAクローンとともにnon-targeting コントロールおよびGAPD/PPIBポジティブコントロール(いずれもターゲットshRNAクローンと同一のプロモーターおよび蛍光マーカーを搭載しているもの)を用いて同一条件下で同時に実験を行い、ポジティブコントロールが十分に機能しているコントロール実験のデータが必須となります。使用する細胞に最適なプロモーターはSMARTchoice Inducible Non-targeting Control 4-packを用いて決定してください。また、最適なdoxycycline濃度は SMARTvector Inducible Lentiviral shRNA Technical Manual に従って検討してください。ノックダウン効率は、doxycyclineによる誘導から72時間以内に、non-targeting コントロールを導入した細胞に対して定量RT-PCR法を用いて評価してください。なお、この機能保証は、製品コードがV3S*xxxxである製品のみに適用され、また、long noncoding RNAをターゲットとする製品には適用されません。

各種資料 / 情報

関連リンク

【本社サイト】SMARTvector Inducible Lentiviral shRNA