MENU
Horizon本社サイトへ
お問い合わせ
Edit-R
dCas9-VPR

Dharmacon Edit-R CRISPR-Cas9システムによる遺伝子転写活性化は、野生型のCas9ヌクレアーゼの持つDNA切断活性を欠失させたdead Cas9 (dCas9)に3種類の転写活性化因子(VP64、p65、Rta)を融合させた改変Cas9 ヌクレアーゼ(dCas9-VPR)と、ターゲット遺伝子のプロモーターあるいは転写開始点(TSS)に近接した領域に配列設計したガイドRNA(guide RNA)を細胞内に導入し、ターゲット遺伝子の転写を活性化するものです。転写活性化因子を複数のベクターから発現させる必要のある他のCRISPRa (activation) システム(SunTag、またはSAM法)とは異なり、VPRシステムは、dCas9-VPRとガイドRNAの2つのコンポネントだけで十分であるため実験が簡便化されます。

特長

実験に合わせて最適なCas9ヌクレアーゼを選択可能

一過性発現用で蛍光またはピューロマイシンを同時発現するdCas9-VPR mRNA、細胞に最適なプロモーターを選択できるレンチウイルスdCas9-VPRをご用意しています。

製品情報

Edit-R dCas9-VPR mRNA

)ヒト用にコドンを至適化したStreptococcus pyogenes由来dCas93つの転写活性化因子(VP64p65およびRta)を融合したタンパク質をコードするmRNAです。2つの核局在化シグナルもコードします。

  • 一過性発現用です。
  • セレクション、濃縮、および導入の視覚化に利用可能な蛍光またはピューロマイシンを同時発現するタイプをご用意しています。
  • プロモーターと細胞株の間の不適合性を考慮する必要がありません。
  • 製品形態は溶液です(1μg/μL)。

 

製品 蛍光レポーター Size
Edit-R dCas9-VPR mRNA 20 µg
Edit-R EGFP dCas9-VPR mRNA EGFP 20 µg
Edit-R Puro dCas9-VPR mRNA 20 µg

 

Edit-R CRISPRa Lentiviral Blast-dCas9-VPR Particles / plasmid DNA

Edit-RレンチウイルスdCas9-VPR試薬は、dCas9-VPRヌクレアーゼを恒常的に発現する細胞株の迅速な作成を容易にします。初代培養細胞や神経細胞といったトランスフェクションの困難な細胞を用いてターゲット遺伝子の転写活性化を行う場合に最適です。

  • dCas9-VPRヌクレアーゼを発現駆動するプロモーターを、使用する細胞に合わせて3種類(hCMV、mCMV、またはhEF1)から選択可能です。
  • 1×10^ 7 TU / mL以上の機能力価を持つ、即時形質導入用の濃縮精製レンチウイルス粒子として提供しています。
  • パッケージング細胞株への直接トランスフェクションおよびご自身のレンチウイルス粒子の生産のための、認証されたエンドトキシンフリーのプラスミドDNAとしても利用可能
  • Blasticidin耐性マーカーを搭載しています。
  • 製品形態は、レンチウイルス粒子あるいは凍結乾燥品です。

製品 プロモーター Size
Edit-R CRISPRa Lentiviral dCas9-VPR Particles hCMV, mCMV,

hEF1α

50 µL, 10^7 TU/mL
Edit-R CRISPRa Lentiviral dCas9-VPR Plasmid DNA 10 µg

Edit-R CRISPRa Lentiviral dCas9-VPR Particlesの作製(パッケージング)の元となるプラスミドDNAです。プラスミドDNAのパッケージングにはTrans-Lentiviral Packaging Kitがおすすめです。

関連リンク

【本社サイト】CRISPRa for Transcriptional Activation