MENU
Horizon本社サイトへ
お問い合わせ
ホーム製品 / サービス情報遺伝子発現調節試薬CRISPRa遺伝子転写活性化
CRISPRa遺伝子転写活性化

内在性の遺伝子の転写活性化を実現します。遺伝子過剰発現用プラスミドが入手できない場合や自然な状態での遺伝子の転写活性化の研究および網羅的な遺伝子の転写活性化に有効です。

CRISPR-Cas9システムによる遺伝子転写活性化のメカニズム

野生型のCas9ヌクレアーゼの持つDNA切断活性を欠失させたdead Cas9 (dCas9)に3種類の転写活性化因子(VP64、p65、Rta)を融合させた改変Cas9 ヌクレアーゼ(dCas9-VPR)と、ターゲット遺伝子のプロモーターあるいは転写開始点(TSS)に近接した領域に配列設計したガイドRNA(guide RNA)を細胞内に導入し、ターゲット遺伝子の転写を活性化します。dCas9-VPRは、ターゲット配列に相補的なCRISPR RNA(crRNA): trans-activating CRISPR RNA(tracrRNA)ハイブリッド、あるいはシングルガイドRNA(single guide RNA: sgRNA)と複合体を形成してゲノムDNAのターゲット配列に結合します。そして、ターゲット遺伝子の転写開始点に転写活性化因子が作用することで転写を活性化します。

製品一覧