MENU
Horizon本社サイトへ
お問い合わせ
Edit-R

デザイン済みAll-in-one Lentiviral sgRNA

sgRNAとCas9ヌクレアーゼの発現を1つのベクターに組み合わせ、導入を簡素化
  • 目的の標的遺伝子の編集(DNA切断)が保証されています。
  • ピューロマイシン耐性と蛍光レポーターを用いた濃縮が可能です。
  • 形質導入に対応したガイドRNAにより、クローニングとin vitro転写ステップが不要です。
  • タンパク質の機能的ノックアウトの可能性を最大化し、オフターゲット編集を最小化するようにデザインされています。

Note:オンライン購入のガイドRNA選択では、すべてのデザイン済みガイドRNAは、予想されるノックアウトパフォーマンスの順にランク付けされています。

  • グリセロールストックおよび高力価精製粒子をご用意しています。

特長

必要なすべてのコンポーネントを単一の試薬に組み合わせて、信頼性の高い遺伝子ノックアウトを実現します。

Edit-R All-in-oneレンチウイルスシステムを用いて、ノックアウト細胞株を簡単に作製できます。遺伝子特異的ガイドRNAとCas9ヌクレアーゼの両方を発現する単一のベクターを使用すると、逐次の形質導入を実行する必要がなくなります。

このガイドフォーマットは、トランスフェクションが困難な細胞タイプでノックアウトを作製するため、またはプール化レンチウイルスsgRNAライブラリーを用いるスクリーニング後のヒットをフォローアップするために最も使用されます。

ピューロマイシン耐性遺伝子またはEGFPマーカーを選択することで、ベクターの組み込みに成功した細胞を選択できます。蛍光が発現するとすぐにFACS分析を実行できるため、編集した細胞を迅速に濃縮するには、EGFP選択マーカーをお勧めします。これは、初代細胞など生存期間の短い細胞タイプの場合に特に役立ちます。

Edit-R デザイン済みAll-in-oneレンチウイルスsgRNAは、次の製品形態でご用意しています。
  • 高品質の精製された濃縮レンチウイルス粒子(107 TU/mL以上)は、精製物中の毒性のあるデブリや夾雑物なしに、細胞に直接形質導入することができます。
  • グリセロールストックは、ウイルスパッケージングに使用できます。
Edit-Rのガイドデザイン

CRISPR-Cas9は遺伝子機能を調べるための非常に効果的なツールですが、すべてのガイドRNAがタンパク質の機能的なノックアウトを実現するのに十分効果的であるとは限りません。この問題に対処するために、Horizo​​nは、挿入または欠失を起こすだけでなく、機能的な遺伝子ノックアウトを生じる可能性が最も高いガイドを選択するように検証されたアルゴリズムを開発しました。広範なテストにより、このアプローチはノックアウト効率と特異性の比類のない組み合わせを提供することが示されています。

製品情報

デザイン済みEdit-R All-in-one Lentiviral sgRNA

    製品 Selection 生物種 プロモーター Size
    Edit-R All-in-one Lentiviral sgRNA Puromycin

    耐性遺伝子,

    EGFP

    Human,

    Mouse

    mCMV,

    hEF1α

    100 µL, 10^7 TU/mL
    200 µL, 10^7 TU/mL
    glycerol stock*2
    Edit-R All-in-one Set of 3 Lentiviral sgRNA*1 100 µL, 10^7 TU/mL x 3
    200 µL, 10^7 TU/mL x 3
    glycerol stock x 3*2

    *1 お好みのデザイン済みsgRNA発現用レンチウイルスを3つセットでご提供する製品です。

    *2 sgRNAを発現するレンチウイルスベクターを導入した大腸菌の培養液にグリセロールを加えたものです。レンチウイルスベクターのパッケージングにはTrans-Lentiviral Packaging Kit がおすすめです。

    Edit-R All-in-one lentiviral sgRNA用コントロール

    ポジティブコントロールと検出プライマー

    All-in-oneレンチウイルスsgRNA用コントロールを使用して、DNA二本鎖切断と遺伝子編集効率を検証します。

    Non-targetingコントロール

    All-in-oneレンチウイルスsgRNAコンストラクトは、ヒト、マウス、またはラットのゲノム内の遺伝子を標的としないように生物情報学的に設計および検証されています。

    製品 製品タイプ Selection 生物種 プロモーター Size
    ポジティブコントロールsgRNA
    Edit-R All-in-one PPIB

    Lentiviral sgRNA

    Positive Control

    ポジティブ

    コントロール

    sgRNAのみ

    PUROREGFP Human,Mouse mCMV,hEF1a 50 µL, 10^7 TU/mL,
    glycerol stock
    Edit-R All-in-one

    DNMT3B Lentiviral

    sgRNA Positive Control

    Edit-R All-in-one PPIB

    Lentiviral sgRNA

    Positive Control Kit

    ポジティブ

    コントロール

    sgRNA、

    および

    PCRプライマー

    Edit-R All-in-one

    DNMT3B Lentiviral sgRNA Positive Control

    Kit

    ネガティブコントロールsgRNA

    Edit-R All-in-one

    Lentiviral sgRNA

    Non-targeting Control

    #1~5

    ネガティブ

    コントロール

    sgRNAのみ

    PUROR
    EGFP
    mCMV,hEF1a 50 µL, 10^7 TU/mL,
    glycerol stock

    ワークフロー

    Edit-R All-in-oneレンチウイルスsgRNAシステムを用いた遺伝子ノックアウトワークフロー

    Edit-R All-in-one workflow

    混合細胞集団(左側)またはクローン細胞株(右側)の実験的アプローチを使用したAll-in-oneレンチウイルスsgRNAによる遺伝子ノックアウトワークフロー

    サポートデータ

    各種資料 / 情報

    プロトコール
    テクニカルマニュアル

    関連リンク

    【本社サイト】Edit-R All-in-one Lentiviral sgRNA