MENU
Horizon本社サイトへ
お問い合わせ
ホーム製品 / サービス情報ゲノム編集試薬CRISPRコントロール
Edit-R
CRISPRコントロール

CRISPRコントロールおよびDNAミスマッチ検出アッセイプライマー

CRISPR-Cas9システムを用いたゲノム編集実験においてはコントロールの使用が重要です。

CRISPR-Cas9システムでは、効果的な遺伝子ノックアウトのために、ガイドRNAとCas9ヌクレアーゼの両方を細胞に導入する必要があります。どちらかの成分の量が少なすぎると、ゲノム編集が不十分になります。

生物種特異的ポジティブコントロールとDNAミスマッチ検出アッセイ用PCRプライマーを用いることにより、CRISPR-Cas9システムを用いたゲノム編集の実験条件が適切であるかを確認することができ、進行中の実験における優れたトランスフェクションの指標となります。

複数のNon-targetingコントロールの使用により、潜在的な非特異的影響を評価することができます。また、使用する細胞株やアッセイに最適なネガティブコントロールを選択できます。

HorizonのDetection Primerを用いたDNAミスマッチ検出アッセイ(SURVEYOR®またはT7EI)は、クローンまたは混合細胞集団におけるゲノム編集による変異導入の結果を評価するための比較的高速でハイスループットな方法です。それらは塩基の挿入および欠失の相対的な割合(機能的タンパク質ノックアウトではない)を評価することしかできませんが、以下の目的には常に有用です。

  • crRNA:tracrRNAトランスフェクション条件の最適化
  • Cas9ヌクレアーゼ発現を駆動するための最適プロモーターの決定

    製品情報

    Edit-R Synthetic sgRNA (化学合成sgRNA)用コントロール

    ポジティブコントロール

    特徴のはっきりした遺伝子をターゲットとする種特異的な化学合成sgRNA、およびミスマッチ検出アッセイプライマーを使用して、最大の効率でゲノム編集条件の有効性を測定します。

    Edit-R Lethal sgRNA コントロールは、一度にゲノム内の何千もの箇所を標的とすることによって細胞を死滅させるように設計されており、Cas9およびガイドRNA依存性であるため、これらのsgRNAコントロールを用いてCas9の機能性とcrRNA導入効率の両方をモニターすることができます。Edit-R Lethal sgRNA #1は非常に強力な細胞死を誘導し、#2は中程度の細胞死を誘導します。これらの2つのコントロールは幅広いダイナミックレンジに対応しており、様々なヒト・マウス細胞においてagRNA導入条件の至適化を可能にします。

    ネガティブコントロール

    ターゲット遺伝子標特異的sgRNAの非存在下でCRISPR-Cas9コンポーネントに対するベースラインの細胞応答を評価するためのnon-targetingコントロールです。

     

    製品 製品タイプ 生物種 Size
    ポジティブコントロールSynthetic sgRNA
    Edit-R PPIB Synthetic sgRNA Positive Control ポジティブコントロールSynthetic sgRNA Human 1, 5, 10 nmol
    Edit-R DNMT3B Synthetic sgRNA Positive Control
    Edit-R PPIB Synthetic sgRNA Control Kit ポジティブコントロールSynthetic sgRNAおよびPCRプライマ
    Edit-R DNMT3B Synthetic sgRNA Control Kit
    Edit-R Lethal Synthetic sgRNA Control #1, #2 Cas9の機能性とcrRNA導入効率のモニター用 Human 1, 5, 10 nmol
    ネガティブコントロールSynthetic sgRNA
    Edit-R Synthetic sgRNA Non-targeting Control #1~5 ネガティブコントロールcrRNAのみ 1, 5, 10 nmol

    【本社サイト】Edit-R synthetic sgRNA positive controls and kits

    【本社サイト】Edit-R synthetic sgRNA non-targeting controls

    Edit-R Synthetic crRNA (化学合成crRNA)用コントロール

    ポジティブコントロール

    よく特徴付けられた遺伝子(Cyclophilin BおよびDNA (cytosine-5)-methyltransferase 3B)を標的とする種特異的な(ヒト・マウス・ラット)化学合成crRNA(ノックアウト用)です。DNAミスマッチ検出アッセイにおける検証済みPCRプライマーをセットとした製品もあります。

    Edit-R Lethal crRNA コントロールは、一度にゲノム内の何千もの箇所を標的とすることによって細胞を死滅させるように設計されており、Cas9およびガイドRNA依存性であるため、これらのcrRNAコントロールを用いてCas9の機能性とcrRNA導入効率の両方をモニターすることができます。Edit-R Lethal crRNA #1は非常に強力な細胞死を誘導し、#2は中程度の細胞死を誘導します。これらの2つのコントロールは幅広いダイナミックレンジに対応しており、様々なヒト・マウス細胞においてcrRNA導入条件の至適化を可能にします。

    ネガティブコントロール

    non-targetingコントロール化学合成crRNAであり、ターゲット遺伝子特異的なcrRNAの非存在下で、CRISPR-Cas9コンポーネントに対するベースラインの細胞の応答を確認します。

    製品 製品タイプ 生物種 Size
    ポジティブコントロールcrRNA
    Edit-R PPIB Synthetic crRNA Positive Control ポジティブコントロールcrRNAのみ Human,

    Mouse,

    Rat

    5, 20 nmol
    Edit-R DNMT3B Synthetic crRNA Positive Control
    Edit-R PPIB crRNA Positive Control Kit ポジティブコントロールcrRNA、

    およびPCRプライマー

    Edit-R DNMT3B crRNA Positive Control Kit
    Edit-R Lethal crRNA Control #1, #2 Cas9の機能性とcrRNA導入効率のモニター用 Human,

    Mouse

    5, 20, 50 nmol
    ネガティブコントロールcrRNA

    Edit-R crRNA Non-targeting Control #1~5

    ネガティブコントロールcrRNAのみ 5, 20 nmol

    【本社サイト】Positive synthetic crRNA controls and detection primers

    【本社サイト】Synthetic crRNA non-targeting controls

    Edit-R lentiviral sgRNA (レンチウイルスsgRNA)用コントロール

    ポジティブコントロール

    よく特徴付けられた遺伝子(Cyclophilin BおよびDNA (cytosine-5)-methyltransferase 3B)を標的とする種特異的な(ヒト・マウス・ラット)sgRNA発現用レンチウイルスベクター(ノックアウト用)です。DNAミスマッチ検出アッセイにおける検証済みPCRプライマーをセットとした製品もあります。

    ネガティブコントロール

    non-targetingコントロールsgRNA発現用レンチウイルスベクターであり、ターゲット遺伝子特異的なsgRNAの非存在下で、CRISPR-Cas9コンポーネントに対するベースラインの細胞の応答を確認します。

    製品 製品タイプ 生物種 Size
    ポジティブコントロールsgRNA
    Edit-R PPIB Lentiviral sgRNA Positive Control ポジティブコントロールsgRNAのみ Human,

    Mouse,

    Rat

    2 x 25 µL, 10^8 TU/mL,
    glycerol stock
    Edit-R DNMT3B Lentiviral sgRNA Positive Control
    Edit-R PPIB Lentiviral sgRNA Positive Control Kit ポジティブコントロールsgRNA、

    およびPCRプライマー

    Edit-R DNMT3B Lentiviral sgRNA Positive Control Kit
    ネガティブコントロールsgRNA

    Edit-R Lentiviral sgRNA Non-targeting Control #1~10

    ネガティブコントロールcrRNAのみ 2 x 25 µL, 10^8 TU/mL,

    glycerol stock

    sgRNAを発現するレンチウイルスベクターを導入した大腸菌の培養液にグリセロールを加えたものです。レンチウイルスベクターのパッケージングにはTrans-Lentiviral Packaging Kitがおすすめです。

    【本社サイト】Edit-R lentiviral sgRNA positive controls and kits

    【本社サイト】Edit-R lentiviral sgRNA non-targeting controls

     

    Edit-R All-in-one Lentiviral sgRNAコントロール

    ポジティブコントロール

    よく特徴付けられた遺伝子(Cyclophilin BおよびDNA (cytosine-5)-methyltransferase 3B)を標的とする種特異的な(ヒト・マウス・ラット)sgRNA・Cas9発現用レンチウイルスベクターです。DNAミスマッチ検出アッセイにおける検証済みPCRプライマーをセットとした製品もあります。

    ネガティブコントロール

    non-targetingコントロールsgRNA・Cas9発現用レンチウイルスベクターであり、ターゲット遺伝子特異的なsgRNAの非存在下で、CRISPR-Cas9コンポーネントに対する細胞の応答を確認します。

    製品 製品タイプ 生物種 プロモーター Size
    ポジティブコントロールsgRNA
    Edit-R All-in-one PPIB Lentiviral sgRNA Positive Control ポジティブコントロールsgRNAのみ Human,

    Mouse,

    Rat

    mCMV,

    hEF1a

    50 µL, 10^7 TU/mL,
    glycerol stock
    Edit-R All-in-one DNMT3B Lentiviral sgRNA Positive Control
    Edit-R All-in-one PPIB Lentiviral sgRNA Positive Control Kit ポジティブコントロールsgRNA、およびPCRプライマー
    Edit-R All-in-one DNMT3B Lentiviral sgRNA Positive Control Kit
    ネガティブコントロールsgRNA

    Edit-R All-in-one Lentiviral sgRNA Non-targeting Control #1~5

    ネガティブコントロールcrRNAのみ mCMV,

    hEF1a

    50 µL, 10^7 TU/mL,
    glycerol stock

    sgRNAを発現するレンチウイルスベクターを導入した大腸菌の培養液にグリセロールを加えたものです。レンチウイルスベクターのパッケージングにはTrans-Lentiviral Packaging Kitがおすすめです。

    【本社サイト】Edit-R all-in-one lentiviral sgRNA positive controls and kits

    【本社サイト】Edit-R all-in-one lentiviral sgRNA non-targeting controls