MENU
Horizon本社サイトへ
お問い合わせ

Cas9ヌクレアーゼ

ベクターベースまたはDNA-freeのCRISPRワークフローのためのCas9ソリューション

  • DNA-freeゲノム編集実験用の精製タンパク質またはmRNA
  • Cas9安定発現細胞株を作製するためのレンチウイルスオプション
  • 6種類のSMARTchoice構成的プロモーターまたは誘導的プロモーターを搭載した発現コンストラクトをご提供しています。

 

概要

CRISPR-Cas9システムにおけるCas9ヌクレアーゼ

CRISPR関連酵素Cas9ヌクレアーゼは、ゲノムDNAの標的認識と切断のためにガイドRNAを必要とするRNA-guidedエンドヌクレアーゼです。当社のCas9ヌクレアーゼ製品はすべて、Streptococcus pyogenes II型Cas9ヌクレアーゼのヒトコドン最適化バージョンです。

蛍光レポーターとの同時発現が可能なCRISPR-Cas9

Cas9とmKate2またはTurboGFP™のいずれかを共発現するCas9蛍光レンチウイルスまたはmRNA試薬を使用すれば、ゲノム編集細胞の濃縮が非常に容易になります。これらの試薬はまた、直接的なトランスフェクションの最適化、またはCas9ヌクレアーゼのトランスフェクションの視覚化を可能にします。

一過的Cas9製品はDNA-free遺伝子ノックアウト実験が可能

Cas9 mRNAおよびCas9 タンパク質は、Cas9の一過的な発現を可能にして、オフターゲット効果を抑制します。長期発現による潜在的な望ましくない細胞応答から細胞を保護するとともに、DNA-free実験を可能にします。Cas9 mRNAは、ソーティング、濃縮、視覚化に利用できる蛍光オプションも選択可能です。

実験に合わせて最適なCas9ヌクレアーゼを選択可能

プロモーター活性、および結果として生じるCas9発現の程度は、使用する細胞株によって異なります。ベクターベースのCas9 ヌクレアーゼ製品では、特性がよく明らかになっている6種類のプロモーターが利用可能なため、細胞に最適なプロモーターを選択できます(Table 1)。また、誘導的プロモーターを搭載したCas9 ヌクレアーゼ製品では、Cas9の発現タイミングを制御することができます。これは実験を成功させるための重要な要素となる可能性があります。

Cas9ヌクレアーゼ発現のための6種類のSMARTchoiceプロモーターオプション

Promoter Description
hCMV human cytomegalovirus immediate early promoter
mCMV mouse cytomegalovirus immediate early promoter
hEF1α human elongation factor 1 alpha promoter
mEF1α mouse elongation factor 1 alpha promoter
PGK mouse phosphoglycerate kinase promoter
CAG chicken beta actin hybrid promoter
TRE3G doxycycline inducible promoter

製品情報

DNA-free実験用Cas9ヌクレアーゼ

Cas9 nuclease mRNA

Cas9ヌクレアーゼの一過的な発現用に精製されたCas9 mRNAです。ソーティング、濃縮、視覚化に利用できる蛍光オプションも選択可能です。

Cas9 nuclease protein NLS

DNA-freeの実験ワークフローにすぐに使用できる精製Cas9タンパク質です。

ベクターベースのCas9ヌクレアーゼ

New Cas9安定発現細胞株

機能喪失研究用のCRISPRガイドRNAを導入する準備ができている細胞株です。さまざまな一般的な細胞バックグラウンドから選択してください。

Lentiviral Cas9 nuclease試薬

Cas9ヌクレアーゼ安定発現細胞株を作製するための精製レンチウイルス粒子またはプラスミドDNAです。構成的または誘導的プロモーターを選択可能です。

Cas9 nuclease発現試薬

非レンチウイルスベクターであり、Edit-RガイドRNAと直接共導入するための、エンドトキシンフリーの精製DNAとして提供しています。

製品選択ガイド

Cas9ヌクレアーゼは、1つのフォーマットがすべての実験に使用できるわけではありません。実験に最適なCas9ヌクレアーゼ試薬の決定は、アプリケーションまたは細胞の種類によって異なります。表を参考に、実験に最適なフォーマットを決定してください。

Cas9 protein Cas9 mRNA Cas9

expression

plasmid

Lentiviral

Cas9

plasmid

Lentiviral

Cas9

particles

DNA-free、一過的発現 ✔ ✔
化学合成ガイドRNAを用いた共エレクトロポレート ✔ ✔
化学合成ガイドRNAとの同時トランスフェクション ✔ ✔ ✔ ✔
FACSによる細胞濃縮 ✔ ✔ ✔ ✔
耐性マーカーによる細胞濃縮 ✔ ✔ ✔
誘導型発現 ✔ ✔
安定した細胞株の作製 ✔
導入が困難な細胞へのレンチウイルス導入 ✔

サポートデータ

Cas9発現を駆動するプロモーター強度は、DNA切断効率と相関する

EC141A4EAD5049B2AC69BDBE478AFD141DCA8151950A4DA0A546F217B13BBE47

プロモーターによって駆動されるCas9発現量は、HEK293T細胞において、いくつかの標的遺伝子の切断効率と相関しています。6つの異なるプロモーターを持つ SMARTCas9-mKate2 発現プラスミド、tracrRNA、およびヒトDNMT3B、PPIB、CDKN1AまたはVCP遺伝子を標的とするcrRNAを細胞にトランスフェクトしました。上のパネル: mKate2蛍光レポーターを発現する細胞の画像は、トランスフェクションの48時間後に撮影したものです。マウスEF1αプロモーターが、mKate2レポーターの最も強い発現を示しています。下パネル:濃縮なし(細胞選択なし)では、HEK293T細胞をトランスフェクションの72時間後に溶解し、切断部位に隣接するプライマーを使用してPCRを実施しました。SURVEYOR™ DNAミスマッチアッセイを実施し、サンプルを2%アガロースゲルで分離しました。編集のレベルは、デンシトメトリー(%編集)を使用して計算しました。HEK293T細胞においてマウスEF1αプロモーターは最も強いmKate2発現し、また比較的高いゲノム編集効率を示しており、相関しています。UT = Untransfected

関連リンク

【本社サイト】Cas9ヌクレアーゼ