MENU
Horizon本社サイトへ
お問い合わせ
ホーム製品 / サービス情報ゲノム編集試薬
Dharmacon

ゲノム編集試薬

Horizonゲノム編集試薬は、あらゆる細胞タイプ、あらゆる規模であらゆる編集を実現する柔軟性を提供します。

CRISPRノックアウト用のデザイン済みEdit-R™ガイドは、保証されたゲノム編集を提供し、個々の試薬からゲノムワイドライブラリーまでのスケールで、化学合成または発現フォーマットとして利用できます。

また、30生物種以上で使用でき、あるいは代替ヌクレアーゼを使用する場合のためにユーザーフレンドリーなCRISPRGuide Design Tool、およびHDRを介したノックインおよびサイト固有のゲノム編集実験用のカスタムドナーオリゴまたはプラスミドデザインツールも提供しています。

Edit-R CRISPR ガイドRNA

標的遺伝子の編集(DNA切断)が保証されています。

  • 遺伝子ノックアウト用のデザイン済み、ゲノムワイドに設計されたガイドRNA
  • 化学合成および発現レンチウイルスのガイドRNAフォーマット
  • CRISPR Design Toolにより、HDRノックイン、サイト固有の編集、および30以上の生物種用のカスタムデザイン、または代替ヌクレアーゼと共に使用するための独自のCRISPRガイドを設計できます。
Cas9ヌクレアーゼ

ベクターベースまたはDNA-freeのCRISPRワークフローのためのCas9ソリューション

  • DNA-freeゲノム編集実験用の精製タンパク質またはmRNA
  • 発現制御可能な誘導型レンチウイルスフォーマット、および濃縮のための蛍光レポーター搭載Cas9発現レンチウイルスフォーマット
CRISPRコントロール

適切なコントロールをゲノム編集効率を最大化する実験条件を検討するために使用します。

相同組換え修復ノックインテンプレート

HDR経路による正確なゲノム編集(挿入、欠失、または置換)のための合成一本鎖DNAオリゴヌクレオチド、およびプラスミドドナーテンプレート

CRISPRスクリーニングライブラリー

CRISPRライブラリーで機能ゲノミクススクリーニングを!
プール化またはアレイ化フォーマットで組み合わせ済ライブラリーとカスタムライブラリーを利用できます。

実験のヒント

CRISPR-Cas9ノックアウト実験を開始するときに考慮すべき5つの事項

実験の成功を確実にするにはどうすればよいか。CRISPR-Cas9を用いた遺伝子ノックアウト実験を計画する際に考慮すべき5つの主要ポイントのクイックリストです。

クローン細胞株を用いるか、プール細胞集団を用いるか?

CRISPRテクノロジーによりゲノム編集細胞集団を作製後、クローン細胞株を用いるかプール細胞集団を用いるかを決定する際に考慮すべき最も重要な4つの事項をご説明しています。

CRISPRノックアウト実験用の致死性ポジティブコントロール

Edit-R Lethal crRNAコントロールは、細胞死を誘導するユニバーサルなポジティブコントロールです。トランスフェクション効率の迅速で視覚的かつ定量化可能な指標を提供します。