MENU
Horizon本社サイトへ
お問い合わせ
siGENOME siRNA

特長

ノックダウン効果と特異性に優れたスタンダードタイプのsiRNA

siGENOME siRNAは、ヒト・マウス・ラットのNCBI RefSeqデータベースに登録されている遺伝子をほぼ完全に網羅したスタンダードなデザイン済みsiRNAです。遺伝子ごとに、ノックダウン効果と特異性の高いsiRNAがデザインされています。4種類のsiRNAを混合したSMARTpool試薬は、高いノックダウン効率を維持しながら、オフターゲット効果を最小に抑え、ターゲット遺伝子をより確実にノックダウンします(下記の補助データ参照)。製品形態は凍結乾燥品です。

製品情報

製品 生物種 フォーマット Size
siGENOME Human, Mouse, Rat SMARTpool 5, 10, 20, 50 nmol
Set of 4 / Set of 4 Upgrade 2 × 4, 5 × 4, 10 × 4, 20×4 nmol
Individual 2, 5, 10, 20, 50 nmol

 

製品フォーマットの選択について

サポートデータ

siGENOME SMARTpool siRNAによる遺伝子ノックダウン

さまざまな遺伝子に対するsiGENOME SMARTpool siRNAの高いノックダウン効率を示しています。siRNA(5 nMおよび100 nM)は、DharmaFECT 1 を用いてHeLa細胞にトランスフェクションしました。NTCpoolはネガティブコントロール(siGENOME Non-targeting Pool#2)を示します。

siRNA濃度5 nMにおいても高いノックダウン効果を示していますが、はじめのトランスフェクション条件検討およびノックダウン効率の確認では濃度100 nMとしてお使いください。条件が至適化された後に、ノックダウン効果が十分な範囲でsiRNAの濃度を下げる検討をおすすめします。なお、上図は5 nMにおけるノックダウン効率を保証するものではありません。

関連リンク

【本社サイト】siGENOME siRNA

コントロールsiRNA

DharmaFECTトランスフェクション試薬

DharmaFECT 1~4は、細胞にあわせて最適条件で使い分ける4種類の低分子RNA(crRNA、tracrRNAを含む)用トランスフェクション試薬です。

バッファー・水・細胞培養液

各種資料 / 情報

siRNA/microRNA試薬再溶解プロトコル(チューブ用)

siRNA/microRNA試薬再溶解プロトコル(プレート用)