MENU
Horizon本社サイトへ Dharmaconサイトへ
お問い合わせ
Dharmacon™
On-TARGETplus™ siRNA

特長

オフターゲット効果を低減するとともにsiRNAのターゲット特異性を向上

On-TARGETplus siRNAは、ヒト・マウス・ラットのNCBI RefSeqデータベースに登録されている遺伝子をほぼ完全に網羅したデザイン済みsiRNAです。遺伝子ごとにノックダウン効果と特異性の高いsiRNAがデザインされています。siGENOME siRNAのアップグレード版として、ON-TARGETplus修飾を導入することでオフターゲット効果をより抑え、ターゲット遺伝子に対する特異性を向上させています。4種類のsiRNAを混合したSMARTpool試薬は、高いノックダウン効率を維持しながら、オフターゲット効果を最小に抑え、ターゲット遺伝子をより確実にノックダウンします(補助データ参照)。製品形態は凍結乾燥品です。

センス鎖、アンチセンス鎖双方由来のオフターゲット効果を低減するON-TARGETplus修飾

ON-TARGETplus修飾は、センス鎖とアンチセンス鎖の両鎖に対する独自の化学修飾です。オフターゲット効果を抑えるとともに、ターゲット遺伝子に対する特異性を高めます。

センス鎖:RISCとの相互作用を妨げる修飾により、センス鎖がRISCに取り込まれることに起因するオフターゲット効果が抑えられます。

アンチセンス鎖:RISCに取り込まれたアンチセンス鎖がターゲットmRNAを認識する際に、より厳密な相補性が必要となる化学修飾により、ターゲット遺伝子に対する特異性が高められます。

製品情報

製品

生物種

フォーマット

Size

On-TARGETplus

Human, Mouse, Rat

SMARTpool

5, 10, 20, 50 nmol

Set of 4 / Set of 4 Upgrade

2 × 4, 5 × 4, 10 × 4, 20×4 nmol

Individual

2, 5, 10, 20, 50 nmol

 

製品フォーマットの選択について

サポートデータ

ON-TARGETplus修飾とSMARTpoolテクノロジーによるオフターゲット効果の抑制

各種siRNA(ヒト遺伝子20種類)を用いたときのオフターゲット効果をマイクロアレイにより解析しました。発現抑制(2倍以上)の確認されたオフターゲット遺伝子数のボックスプロットです。ボックス中の横線は中央値を示しています。ON-TARGETplus SMARTpoolでは、オフターゲット効果が最小となりました。

関連リンク

【Dharmacon専用サイト】On-TARGETplus siRNA

コントロールsiRNA

DharmaFECTトランスフェクション試薬

DharmaFECT 1~4は、細胞にあわせて最適条件で使い分ける4種類の低分子RNA(crRNA、tracrRNAを含む)用トランスフェクション試薬です。

バッファー・水・培地

各種資料 / 情報

siRNA/microRNA試薬再溶解プロトコル(チューブ用)

siRNA/microRNA試薬再溶解プロトコル(プレート用)