MENU
Horizon本社サイトへ Dharmaconサイトへ
お問い合わせ
Dharmacon™
カスタム siRNA

siRNAの配列を設計いただく際は、弊社のWebツールであるsiDESIGN Centerをご活用ください。ヒト・マウス・ラット以外の生物種の遺伝子や、特定の遺伝子バリアントをターゲットとするsiRNAの配列デザインに有用なツールです。お客様自身で配列デザインしたsiRNAや、各種修飾(蛍光標識やON-TARGETplus修飾、Accell修飾、in vivo導入用のsiSTABLE修飾)を導入したsiRNAの合成を承っています。詳しくは本社Dharmacon WebサイトのCustom siRNA Synthesis」にアクセスしてください。

特徴

  • 各種化学修飾(ON-TARGET、ON-TARGETplus、Accell、siSTABLE)を選択可能
  • 5’末端、3’末端にさまざまな修飾(下表)を導入可能
  • 合成後の処理は5種類のオプションから選択
  • 小容量(15 nmolスケール)から大容量までのカスタム合成に対応長鎖non-coding RNAをターゲットとするsiRNA

修飾

5‘修飾

5′-Amino modifier C12

5′-dA

5′-Fluorescein

5′-Amino modifier C3

5′-dC

5′-inverted deoxy-thymidine

5′-Amino modifier C5

5′-dG

5′-Phosphate

5′-Amino modifier C6

5′-dU

5′-Pyrene

5′-Biotin

5′-Dabcyl

5′-TET(Tetrachloro-fluorescein)

5′-Cholesterol

5′-Disulfide Thiol-Modifier

5′-TAMRA (Carboxytetramethylrhodamine)

5′-Cy3

5′-DY547(Cy3 alternate)

5′-Cy5

5′-DY677(Cy5.5 alternate)

5′-Cy5.5

3‘修飾

3′-Biotin

3′-Cy3

3′-Amino modifier C12

3′-Cholesterol

3′-Cy5

3′-Amino modifier C6

3′-dG

3′-Cy5.5

3′-Amino modifier C3

3′-Fluorescein

3′-DY547 (Cy3 alternate)

3′-Puromycin

3′-TAMRA (Carboxytetramethylrhodamine)

3′ Inverted deoxy-thymidine

3′-Disulfide-thiol modifier

※ その他の修飾基については本社Dharmacon Webサイトの「Custom siRNA Synthesis」をご覧ください。

 

合成後の処理オプション

Single Strands

(A1)

Standard

HPLC

in vivo

in vivo HPLC

エタノール沈殿あるいは逆相カラムによる脱塩処理

RNAは2′-ACE保護基を除去した状態

アニーリング(2本のRNAがアニーリングされ2本鎖になっています)

精製

エンドトキシンテスト

カウンターイオン交換(Na+)

RNAは2′-ACE保護基の付いた状態

RNAはセンス鎖とアンチセンス鎖を別々のチューブで提供

イオン交換HPLCにより精製しています。

関連リンク

【Dharmacon専用サイト】カスタムsiRNA合成

【Dharmacon専用サイト】siDESIGNセンター