MENU
Horizon本社サイトへ Dharmaconサイトへ
お問い合わせ
Dharmacon™ Edit-R™ CRISPR-Cas9ゲノム編集試薬
CRISPRaコントロール

CRISPR-Cas9システムを用いたゲノム編集実験においてはコントロールの使用が重要です。

Edit-R CRISPR-Cas9システムによる遺伝子転写活性化は、ガイドRNAと改変Cas9ヌクレアーゼ(dCas9-VPR)を使用して、ターゲット遺伝子の転写を活性化するものです。いずれかのコンポーネントの細胞への導入が不十分である場合、標的遺伝子の転写活性化が不十分になります。

最適な実験条件を確立し、継続的な転写活性化を確実にするために、よく特徴付けられた遺伝子を標的とする種特異的CRISPRaポジティブコントロールを使用することが推奨されます。Edit-R CRISPRaコントロールは、ヒトまたはマウスのTitin(TTN)またはPOU class 5 homeobox 1(POU5F1)遺伝子を標的としています。

コントロールは以下の目的で使用します。

  • CRISPRa crRNA:tracrRNAトランスフェクション条件の最適化
  • dCas9-VPRの発現を駆動するための最適プロモーターの決定
  • 実験の一貫性を確認し、あらゆるバックグラウンドの影響を管理するために使用します。

特長

実験に合わせたコントロールを選択可能

  • ヒト・マウス遺伝子についてご用意しています。
  • Edit-R CRISPR(activation)crRNA用コントロールでは、2種類の包装単位でご提供しています。
  • Edit-R CRISPR(activation)Lentiviral sgRNA用コントロールでは、レンチウイルス粒子あるいは大腸菌グリセロールストックをご用意しています。

製品情報

Edit-R CRISPRa crRNA用コントロール

ポジティブコントロール

よく特徴付けられた遺伝子(TitinおよびPOU class 5 homeobox 1)を標的とする種特異的な(ヒト / マウス)化学合成crRNA(転写活性化用)です。4個のcrRNAを混合して1本のチューブにまとめたpoolフォーマット、4個のcrRNAを個別としたindividual フォーマットをご用意しています。

ネガティブコントロール

non-targetingコントロール化学合成crRNAであり、ターゲット遺伝子特異的なcrRNAの非存在下で、CRISPRaコンポーネントに対するベースラインの細胞応答を確認します。

製品

生物種

Size

ポジティブコントロールcrRNA

Edit-R POU5F1 CRISPRa individual crRNA control

Human, Mouse

5, 20 nmol

Edit-R POU5F1 CRISPRa Pool of 4 crRNA control

Edit-R TTN CRISPRa individual crRNA control

Edit-R TTN CRISPRa Pool of 4 crRNA control

ネガティブコントロールcrRNA

Edit-R CRISPRa crRNA Non-targeting control

5, 20 nmol

Edit-R CRISPRa crRNA Non-targeting control pool

Edit-R CRISPRa sgRNA用コントロール

ポジティブコントロール

よく特徴付けられた遺伝子(TitinおよびPOU class 5 homeobox 1)を標的とする種特異的な(ヒト / マウス)sgRNA発現用レンチウイルスベクター(転写活性用)です。

ネガティブコントロール

non-targetingコントロールsgRNA発現用レンチウイルスベクターであり、ターゲット遺伝子特異的なcrRNAの非存在下で、CRISPRaコンポーネントに対するベースラインの細胞応答を確認します。

製品

生物種

Size

ポジティブコントロールsgRNA

Edit-R CRISPRa POU5F1 Lentiviral sgRNA Positive Control

Human,

Mouse

50 µL, 10^8 TU/mL
glycerol stock

Edit-R CRISPRa TTN Lentiviral sgRNA Positive Control

ネガティブコントロールsgRNA

Edit-R CRISPRa Lentiviral sgRNA Non-targeting Control

50 µL, 10^8 TU/mL
glycerol stock

* sgRNAを発現するレンチウイルスベクターを導入した大腸菌の培養液にグリセロールを加えたものです。レンチウイルスベクターのパッケージングにはTrans-Lentiviral Packaging Kitがおすすめです。

関連リンク

【Dharmacon専用サイト】CRISPRaコントロール

転写活性化用ガイドRNA

dCas9-VPR

DharmaFECTトランスフェクション試薬

DharmaFECT 1~4は、細胞にあわせて最適条件で使い分ける4種類の低分子RNA(crRNA、tracrRNAを含む)用トランスフェクション試薬です。

バッファー・水・培地