MENU
Horizon本社サイトへ Dharmaconサイトへ
お問い合わせ
Dharmacon™ Edit-R™ CRISPR-Cas9ゲノム編集試薬
Cas9ヌクレアーゼ

Cas9ヌクレアーゼの適切な発現は、CRISPR-Cas9ゲノム編集において重要なファクターです。Edit-R CRISPR-Cas9ゲノム編集試薬システムでは、実験目的に最適なCas9ヌクレアーゼを選択可能です。

特長

CRISPR-Cas9システムのCas9ヌクレアーゼ

タイプII CRISPR-Casシステムでは、CRISPR関連酵素であるCas9は、ゲノムDNAの標的認識と切断のためにガイドRNAを必要とするRNA-guidedエンドヌクレアーゼです。すべてのEdit-R Cas9ヌクレアーゼ製品は、Streptococcus pyogenes II型Cas9ヌクレアーゼのヒトコドン最適化バージョンです。

蛍光レポーターとの同時発現が可能なCRISPR-Cas9

蛍光レポーターとの同時発現が可能なCas9発現用プラスミド / Cas9 mRNA / Cas9発現用レンチウイルスベクターを使用すれば、ゲノム編集細胞の濃縮が非常に容易になります。これらの試薬はまた、直接的なトランスフェクションの最適化、またはCas9ヌクレアーゼのトランスフェクションの視覚化を可能にします。

DNA-free遺伝子ノックアウト実験が可能

Cas9 mRNAおよびCas9 タンパク質は、Cas9の一過性発現を可能にして、オフターゲット効果を抑制します。長期発現による潜在的な望ましくない細胞応答から細胞を保護するとともに、DNA-free実験を可能にします。DNA-free実験は、ホスト細胞株ゲノムへのプラスミドDNA挿入のリスクを回避し、Cas9ヌクレアーゼ発現プラスミド使用時に必要なプロモーターと細胞株の適合性の検討が不要です。

実験に合わせて最適なCas9ヌクレアーゼを選択可能

プロモーター活性、および結果として生じるCas9発現の程度は、使用する細胞株によって異なります。ベクターベースのEdit-R Cas9 ヌクレアーゼ製品には、特性がよく明らかになっている6種類の細胞プロモーターが含まれているので、細胞に最適なプロモーターを選択できます。また、Edit-R Cas9 ヌクレアーゼには誘導性プロモーターが含まれているため、Cas9の発現タイミングを制御することができます。これは実験を成功させるための重要な要素となる可能性があります。

製品情報

Edit-R Cas9 Expression Plasmid

非レンチウイルスベクターは、Edit-R化学合成sgRNA、またはcrRNAおよびtracrRNAとの直接コトランスフェクション用のエンドトキシンフリー精製DNAとしてご使用いただけます。

  • 蛍光レポーター(mKate2)搭載タイプおよびpuromycin耐性遺伝子搭載タイプは、Cas9ヌクレアーゼを発現駆動するプロモーターを、使用する細胞に合わせて6種類から選択可能です。
  • Blasticidin耐性遺伝子搭載タイプのプラスミドは、特に長い抗生物質選択時間が必要な場合に、目的の細胞で蛍光タンパク質を恒常的に発現させたくない場合や、Blasticidin処理によってCas9発現細胞を濃縮する場合に便利です。
  • 製品形態は凍結乾燥品です。

 

   

製品

製品タイプ

プロモーター

Size

Edit-R Cas9 Expression Plasmid

mKate2 蛍光マーカー搭載タイプ

hCMV, mCMV,

hEF1α, mEF1α, PGK, CAG

120 µg 

Puromycin 耐性遺伝子搭載タイプ

120 µg 

Edit-R CRISPR-Cas9 Nuclease Expression Plasmid

Blasticidin 耐性遺伝子搭載タイプ

hCMV

120 µg 

Edit-R Lentiviral Cas9 Nuclease Particles / Plasmid DNA

Edit-RレンチウイルスCas9試薬は、Cas9ヌクレアーゼを恒常的に発現する細胞株の迅速な作成を容易にします。これにより、プール化レンチウイルスsgRNAスクリーニング、crRNAライブラリーによるアレイ化スクリーニング、または単一または複数の遺伝子をターゲットとするマルチガイドRNAの評価が可能になります。

  • Blasticidin耐性マーカー、または蛍光マーカー(mKate2またはTurboGFP™)を使用した選択が可能です。
  • 1×10^ 7 TU / mL以上の機能力価を持つ、即時形質導入用の濃縮精製レンチウイルス粒子として提供しています。
  • パッケージング細胞株への直接トランスフェクションおよびご自身のレンチウイルス粒子の生産のための、認証されたエンドトキシンフリーのプラスミドDNAとしても利用可能
  • 目的の細胞株で最適なCas9発現を確実にするために、6つのSMARTchoiceプロモーター選択可能です。
  • Cas9の発現を一時的に制御する必要がある場合や、バックグラウンド発現が最小限の安定した細胞株を作製したい場合は、誘導型Cas9ベクターによる厳密な制御を利用してください。

製品

プロモーター

蛍光レポーター

Size

Blasticidin耐性マーカー発現用

Edit-R Lentiviral Blast-Cas9 Nuclease Particles

hCMV, mCMV,

hEF1α, mEF1α,

PGK, CAG

50 µL, 10^7 TU/mL

Edit-R Lentiviral Blast-Cas9 Nuclease Plasmid DNA

10 µg

蛍光レポーター同時発現用

 

 

 

Edit-R Lentiviral Fluorescent Cas9 Nuclease Particles

hCMV, mCMV,

hEF1α

mKate2,

TurboGFPTM

50 µL, 10^7 TU/mL

Edit-R Lentiviral Fluorescent Cas9 Nuclease Plasmid DNA

10 µg

Cas9ヌクレアーゼ誘導発現用

 

 

 

Edit-R Inducible Lentiviral hEF1a-Blast-Cas9 Nuclease Particle

hEF1α

50 µL, 10^7 TU/mL

Edit-R Inducible Lentiviral hEF1a-Blast-Cas9 Nuclease Plasmid DNA

10 µg

 Edit-R Lentiviral Cas9 Nuclease Particlesの作成(パッケージング)の元となるプラスミドDNAです。プラスミドDNAのパッケージングにはTrans-Lentiviral ORF Packaging Kitをご使用ください。

TurboGFPはEvrogen Inc.の商標です。

Edit-R Cas9 Nuclease mRNA【DNA-free】

ヒト用にコドンを至適化したStreptococcus pyogenes由来Cas9ヌクレアーゼ遺伝子をコードするmRNAです。5’および3’の両方において核局在化シグナルをコードします。5’キャップおよび3’ポリA鎖を持つ安定なRNA分子です。

Edit-R crRNAおよびEdit-R tracrRNAとともに使用すれば、完全なDNA-freeのゲノム編集実験が可能です(ゲノムへのプラスミドDNA挿入のリスクを回避)。

  • 蛍光レポーター同時発現用タイプを使用すれば、ゲノム編集された細胞の濃縮が可能です。
  • プロモーターと細胞株の間の不適合性を考慮する必要がありません。
  • Cas9ヌクレアーゼは一過性発現のため、オフターゲット効果が抑制できる可能性があります。
  • 製品形態は溶液です(1 μg/μL)。

 

製品

蛍光レポーター

Size

Edit-R Cas9 Nuclease mRNA

20 µg 

Edit-R Fluorescent Cas9 Nuclease mRNA

mKate2, GFP

20 µg 

Edit-R Cas9 Nuclease protein NLS【DNA-free】

Streptococcus pyogenes由来Cas9ヌクレアーゼ遺伝子を発現する大腸菌より調製した遺伝子組み換えCas9ヌクレアーゼです。N末端に 6x Hisタグ、C末端にSimian virus 40(SV40)の核局在化シグナルを持ちます。細胞に導入されると速やかにゲノム編集を行います。

Edit-R crRNAおよびEdit-R tracrRNAとともに使用すれば、完全なDNA-freeのゲノム編集実験が可能です(ゲノムへのプラスミドDNA挿入のリスクを回避)。

  • プロモーターと細胞株の間の不適合性を考慮する必要がありません。
  • Cas9ヌクレアーゼは一過性発現のため、オフターゲット効果が抑制できる可能性があります。
  • 製品形態はグリセロールを含む溶液です。

 

製品

Size

Edit-R Cas9 Nuclease protein NLS 20 µM

250, 500, 2 x 500 pmol

Edit-R Cas9 Nuclease protein NLS 40 µM

500, 2 x 500 pmol pmol

関連リンク

【Dharmacon専用サイト】Cas9ヌクレアーゼ

遺伝子ノックアウト用ガイドRNA

Trans-Lentiviral Packaging Kit

DharmaFECTトランスフェクション試薬

DharmaFECT 1~4は、細胞にあわせて最適条件で使い分ける4種類の低分子RNA(crRNA、tracrRNAを含む)用トランスフェクション試薬です。

バッファー・水・培地

各種資料 / 情報

Edit-R CRISPR-Cas9 ゲノム編集試薬マニュアル