MENU
Horizon本社サイトへ Dharmaconサイトへ
お問い合わせ
ホーム製品 / サービス情報ゲノム編集 / 遺伝子発現調節用試薬Edit-R™ CRISPR-Cas9ゲノム編集試薬
Dharmacon™
Edit-R™ CRISPR-Cas9ゲノム編集試薬

Edit-R CRISPR-Cas9ゲノム編集試薬システムでは、機能性の高いデザイン済みガイドRNAが、簡便で高効率なゲノム編集実験を可能にします。遺伝子のノックアウト・ノックイン・転写活性化に対応した製品をラインアップしています。

特長

デザイン済みガイドRNA

ヒト・マウス・ラット遺伝子をほぼ完全に網羅したデザイン済みガイドRNAをご用意しています(転写活性化用はヒト・マウスのみ)。

高いノックアウト効率

Edit-R ガイドRNA(ノックアウト用)の配列設計には、ノックアウト効率が高く、オフターゲット効果を回避する独自のEdit-R algorithmを採用しています。

用途に合わせて2種類のガイドRNAから選択可能

クローニングと精製が不要な化学合成タイプおよびレンチウイルスベクタータイプをご用意しています。

網羅的なCRISPRスクリーニングが可能

アレイ化ガイドRNAライブラリーは、マルチパラメーター表現型解析や、ハイコンテント表現型解析を用いたCRISPRスクリーニングを実現します。プール化ガイドRNAライブラリーは、次世代シーケンサーを用いた網羅的CRISPRスクリーニングを実現します。

知的所有ライセンスを幅広く所有

Horizonは、市販化されている中で最大級の使用許諾を保有し、CRISPR-Cas9ゲノム編集試薬を研究用途に提供しています。

アプリケーション

遺伝子ノックアウト

遺伝子の機能を欠損させることで遺伝子の機能を解析する研究に用いられます。また、RNA干渉によるmRNAレベルでの遺伝子ノックダウンでは表現型の違いが検出されない遺伝子の機能研究に有効です。

CRISPR-Cas9システムによる遺伝子ノックアウトのメカニズム

Cas9ヌクレアーゼが、ターゲット配列に相補的なガイドRNAと複合体を形成してゲノムDNAのターゲット配列を認識し、PAM配列より上流の二本鎖DNAを切断します。切断されたゲノムは修復機構が働いて再結合しますが、切断されたゲノムの末端は高頻度で欠損あるいは変異します。したがって再結合してもDNAのフレームがシフトし、切断個所の遺伝子がノックアウトされます。

ガイドRNAとしてCRISPR RNA(crRNA): trans-activating CRISPR RNA(tracrRNA)ハイブリッドを用いる方法と、シングルガイドRNA(single guide RNA: sgRNA)を用いる方法があります。

遺伝子ノックアウトに必要なEdit-R試薬 / ツール
  • 遺伝子ノックアウト用ガイドRNA

  • Cas9ヌクレアーゼ

  • CRISPR Design Tool (目的のデザイン済crRNAもしくはsgRNAがない場合)

 

遺伝子ノックイン&塩基配列挿入・欠失・置換

ターゲット遺伝子領域へ突然変異、もしくは外因性遺伝子を導入できます。疾患モデルを作る時や、プロモーター機能等の遺伝子発現制御機構の研究に有効です。

CRISPR-Cas9システムによる遺伝子ノックインのメカニズム

ガイドRNA・Cas9ヌクレアーゼ・ドナーDNAを使用して、ゲノム上のターゲット部位に、タンパク質をコードする遺伝子を導入したり、塩基配列の挿入・欠失・置換を行う手法です。CRISPR-Cas9による二本鎖切断に続いて起こる相同組み換え修復(homology-directed repair: HDR)は、特定のゲノム改変位置に隣接した配列に相同性を持つドナーDNA(donor DNA)を必要とする修復経路です。適切に設計されたドナーDNAを使用することで、遺伝子ノックインや塩基配列の挿入・欠失・置換を正確に行うことができます。

遺伝子ノックイン&塩基配列の挿入・欠失・置換に必要な試薬 / ツール
  • CRISPR Design ToolによるガイドRNA設計

  • Cas9ヌクレアーゼ

  • Edit-R HDR Donor Designerにより設計したドナーDNA

 

遺伝子遺伝子転写活性化

内在性の遺伝子の転写活性化を実現します。遺伝子過剰発現用プラスミドが入手できない場合や自然な状態での遺伝子の転写活性化の研究および網羅的な遺伝子の転写活性化に有効です。

CRISPR-Cas9システムによる遺伝子転写活性化のメカニズム

野生型のCas9ヌクレアーゼの持つDNA切断活性を欠失させたdead Cas9 (dCas9)に3種類の転写活性化因子(VP64、p65、Rta)を融合させた改変Cas9 ヌクレアーゼ(dCas9-VPR)と、ターゲット遺伝子のプロモーターあるいは転写開始点(TSS)に近接した領域に配列設計したガイドRNA(guide RNA)を細胞内に導入し、ターゲット遺伝子の転写を活性化します。dCas9-VPRは、ターゲット配列に相補的なCRISPR RNA(crRNA): trans-activating CRISPR RNA(tracrRNA)ハイブリッド、あるいはシングルガイドRNA(single guide RNA: sgRNA)と複合体を形成してゲノムDNAのターゲット配列に結合します。そして、ターゲット遺伝子の転写開始点に転写活性化因子が作用することで転写を活性化します。

遺伝子遺伝子転写活性化に必要な試薬 / ツール
  • 転写活性化用ガイドRNA
  • Edit-R dCas9-VPR

製品一覧

関連リンク

【Dharmacon専用サイト】Edit-R™ CRISPR-Cas9ゲノム編集試薬

CRISPR Design Tool

お客様自身でcrRNAあるいはsgRNAを設計・注文いただくWebツールです。

Edit-R HDR Donor Designer

DharmaFECTトランスフェクション試薬

DharmaFECT 1~4は、細胞にあわせて最適条件で使い分ける4種類の低分子RNA(crRNA、tracrRNAを含む)用トランスフェクション試薬です。

バッファー・水・培地