MENU
Horizon本社サイトへ Dharmaconサイトへ
お問い合わせ
Dharmacon™
補助試薬

製品情報

バッファー、水、特殊な細胞培養液など、実験に必要な補助試薬は適切に使用してください。

5X siRNA Buffer

5X siRNA Bufferは、修飾または未修飾siRNA、microRNA Mimic、microRNA Hairpinインヒビター等の短鎖、1本鎖または2本鎖の合成RNAの再溶解および長期保存に適しています。使用前にRNase-free waterで希釈します。

  • siRNA、RNA、microRNA試薬の長期保存に使用できます。
  • ストックに便利な5倍濃度
  • 組成:300 mM KCl, 30 mM HEPES-pH 7.5, 1.0 mM MgCl2
製品 Size
5X siRNA Buffer 100 mL

RNase-free water

RNAはRNase環境下では非常に分解を受けやすいため、RNA試薬を取り扱う際にはRNase-freeの条件で分解を防ぐことが重要です。Molecular GradeのRNase-free waterは、5X siRNA Bufferの希釈やRNAの再溶解に使用します。

  • Molecular Grade
  • Ready to use
製品 Size
Molecular Grade RNase-free water 100 mL

10 mM Tris-HCl Buffer pH7.4

合成crRNAおよびtracrRNAの再溶解を容易にするための、pH 7.4, 10 mM濃度のRNase-freeのTris-HClです。

RNase-freeのBufferを使用すると、RNAの完全性が保たれます。Dharmacon 10 mM Tris-HCl Buffer pH7.4は、一本鎖合成RNA(crRNA、tracrRNAを含む)を再溶解するために推奨されています。Dharmacon Tris Bufferはすぐに使える10 mMの濃度であり、希釈不要です。

  • crRNA、tracrRNAおよび一本鎖RNA試薬の再溶解および長期保存に使用できます。
  • 希釈不要 -10 mMの推奨ワーキング濃度のready-to-use 仕様
  • RNase-freeかつフィルター滅菌済み
製品 Size
10mM Tris-HCl Buffer pH 7.4 100 mL

Accell Delivery Media

Accell siRNAは、専用培地であるAccell siRNA delivery mediaと混ぜて細胞を培養するだけで細胞への導入が可能です(通常は細胞密度のみの検討で可)。従来導入が難しかった細胞でもRNAi実験を可能としました(Accell siRNAサポートデータ参照)。

Accell siRNAには、低血清または無血清のアプリケーション条件が必要です。AAccell siRNA Delivery Mediaは、Accell siRNA導入実験用に特別に処方された無血清培地です。この培地は多くの遺伝子ノックダウン処方を徹底的にテストした結果開発されました。Accell siRNAの高い導入効率、および高い細胞生存率を示します。

  • 30以上の細胞タイプで検証済み
  • Acccell siRNA導入効率をあげるための無血清培地
  • 細胞の生存率が低い場合、サプリメントも使用可(最適条件を要検討)

 

実験的考察

細胞によっては無血清または低濃度の血清条件となるAccell Mediaでの培養は生存率が低くなる場合があるため、以下の事例を参考に最適な実験条件を検討する必要があります。

  • 最大2.5%の追加血清濃度(高血清条件はAccell siRNAの取り込みを妨げます)
  • 細胞の健康に必要な成長因子やその他の添加物(例:B27、インスリン、グルコース)
  • 標準細胞培養液製剤(血清を減らしたもの)
  • 無血清製剤(例:Neurobasal media)

 

研究されている特定の細胞タイプにあうことが分かっているサプリメントや条件を試験することをお勧めします。詳細については、Accell Delivery Protocolを確認してください。

製品 Size
Accell siRNA Delivery Media 100, 500 mL

関連リンク

DharmaconTM専用サイト 補助試薬

Accell siRNA