MENU
Horizon本社サイトへ
お問い合わせ
Dharmacon

カスタムRNA合成

長鎖RNAオリゴ、色素標識、カスタムアミダイトなど、様々な化学修飾を施したRNA分子の設計およびご注文が可能です。

設計およびご注文は、以下の本社サイトから行ってください。

Single-strand RNA design(一本鎖RNAまたはRNA-DNAキメラのご注文)

Multiple single-strand RNA design(複数の一本鎖RNAの同時のご注文)

注:カスタムDNAの場合はこちらからご注文ください。

 

【本社サイト】カスタムRNA合成

以下に【本社サイト】カスタムRNA合成の内容をご説明しています。カスタムRNA合成の設計 / ご注文の際に参考としてください。タブをクリックすると、ダイレクトにそのセクションが表示されます。

 

カスタムRNA合成概要

Dharmaconは、業界標準をはるかに超えたRNA合成能力を保有しています。
  • 長鎖RNAオリゴ
  • MicroRNAバイオロジー研究のためのカスタムRNAインヒビター
  • カスタムホスホルアミダイト
  • 特殊な化学修飾または修飾された塩基
  • in vivoおよび前臨床開発のためのより大きなスケールのカスタムRNA

 

カスタムホスホルアミダイトの製造は、必要な修飾塩基が市販されていない場合、または当社の化学プラットフォームに化学的に適合させる必要がある場合にリクエストできます。

詳細については、テクニカルサポートにお問い合わせください。

Dharmaconは、80 nt以上のRNAオリゴヌクレオチドを日常的に合成し、一貫して優れたレベルの純度を実現しています。

より長いオリゴを合成する能力は、二次構造形成の可能性と特定の配列の化学合成に固有の困難さのために、配列に大きく依存します。オリゴが長鎖になると、全体的な収量の減少が予想されます。

5′-フルオレセインで精製された99-mer:

 

DharmaconのRNA合成に関する能力は、化学的に修飾された長いRNAオリゴヌクレオチドの日常的な合成をサポートします。UPLCおよびLC-MS分析は、得られた純度の標準レベルを示しています。

Dharmaconの化学合成のエキスパートは、RNAホスホルアミダイトをカスタマイズして、独自の要求に対応できます。

オンラインで入手できない非標準の化学修飾または修飾核酸塩基が必要な場合でも、サポートできる場合があります。

カスタムアミダイト合成の機能の詳細とプロジェクトの実現可能性を判断するには、テクニカルサポートにお問い合わせください。emailでお問合せの場合は、実現可能性の判断と迅速な回答のため、可能な場合は、化学構造またはご要望が記載されている公開のドキュメントの添付をお願いいたします。

RNAオリゴは、次のような目的で使われています。
Single-strand RNA RNAを用いたアプリケーション
カスタムmicroRNAインヒビター

アプタマー

リボザイム

tRNA

FISH/ISHプローブ

FRETプローブ

RNA/DNAハイブリッド

カスタム二本鎖RNA

ダイサー基質

アンチセンスオリゴ

酵素基質

in vitroまたはin vivoアプリケーション

ウイルス学

miRNA機能研究

X線結晶学、NMR

RNAi

転写/翻訳

アッセイ開発

マイクロアレイ

RNAを介した細胞メカニズム

RNA /タンパク質相互作用

RNAケミストリー

 

脱保護基

一本鎖RNAは、安定性を向上させるために2’保護された形でお届けすることも可能です。

RNAを化学合成した場合、すべてのオリゴヌクレオチドは各ヌクレオチドの2’位に化学的保護基を持ちます。

Dharmacon の2′-ACEケミストリーは、カスタムRNA合成のなかでもユニークなもので、保護されたフォームで製品お届けするオプションは他ではみられません。2’位で保護されたRNAの使用には利点があります。
  • 脱保護の前に、オリゴに対して追加の化学的操作を実行できます。
  • 最終製品に付与されるヌクレアーゼ耐性の強化を実現しました。
  • 長期保管中の水溶性と安定性を維持できます。
  • 弱酸性条件下で保護基を簡単に除去できます。
保護されたRNAは、使用前に脱保護する必要があります。RNAオリゴを脱保護するためには、以下の2つのオプションから選択してください。

1.お客様の研究室で脱保護反応を実行します。

簡単な30分の手順です。保護解除バッファーはご注文時に無償で提供されます。プロトコールはこちらをご覧ください。

2.出荷前にRNAオリゴを脱保護することも可能です。

少額の手数料で、再懸濁後に「すぐに使用できる」状態のオリゴをお届けすることも可能です。RNAの脱保護の私共へのご依頼を希望される場合は、注文時に「2′-Deprotect / Desalt(2′-脱保護/脱塩)」チェックボックスをオンにしてください。

2′-ACEで保護されたRNAを脱保護するための酸触媒反応:

2′-保護基は、30分以内の水性緩衝液処理により完全に除去されます。手順については、脱保護基プロトコールを参照してください。

標識可能な色素

Dharmaconは、カスタムsiRNAおよびRNAオリゴヌクレオチドの蛍光標識用の色素修飾を幅広くご用意しています。

  • RNAオリゴの3‘、5’位、または内部位置用の蛍光タグ
  • シーケンス内の位置によって制限されない、単一オリゴ内の複数のラベルも可能です。
  • ほとんどの色素標識オリゴの合成は、グラム量までスケール化可能です
オンラインで設計可能な蛍光色素:

*一部の3’色素ラベルは、ご要望の場合にのみ利用できます。

修飾と価格

siRNAと一本鎖RNAの両方に適用できる化学修飾を幅広くご用意しています。詳細はリンクより本社Websiteをご参照ください。

注:オンライン注文ツールから利用できない修飾もあります。サポートが必要な場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。

価格は米国における価格です。日本における価格はオンラインまたはリクエストによりお見積りの上ご確認ください。

修飾と価格(米国ドル)

精製と処理

35 nt未満の未修飾一本鎖RNAでは、通常80〜85%の純度を達成しています。ただし、化学合成されたRNAオリゴヌクレオチドが次の場合は精製が推奨される場合があります。

  • 極めて長鎖の場合(長さが 40~50 nt以上)
  • 3’末端または内部で化学的に修飾されている場合
  • 二重で標識されている場合
  • 高感度アッセイまたはin vivoアプリケーションでの使用を目的とする場

 

未精製材料のための精製方法または純度推定に関する推奨事項については、テクニカルサポートにお問い合わせください。

RNAの精製と処理のオプション
Unprocessed Desalt/

Deprotect

PAGE HPLC in vivo in vivo HPLC
Deprotected ✔ ✔* ✔* ✔ ✔
Desalted ✔ ✔* ✔* ✔ ✔
Endotoxin tested ✔ ✔
Sodium counter-ion

exchange

✔ ✔
Recommended for 3′ or

dually labeled RNA

✔ ✔ ✔
Recommended for

in vivo use

✔ ✔

* PAGEおよびHPLC精製オプションは、脱塩/脱保護の有無にかかわらずリクエストできます

RNA処理法について
  • Unprocessed(未処理):RNAオリゴは合成後の処理を受けていません。脱塩、脱保護、精製されていません。
  • Desalted(脱塩):RNAオリゴは、エタノール沈殿またはC18カラム脱塩のいずれかによって脱塩されています。カラム脱塩は通常、PAGE精製されたRNAおよび長さが10nt未満のRNAに使用されます。
  • Deprotected(脱保護):RNA塩基の2′-ACE保護基が除去(脱保護)されています。
  • PAGE:RNAオリゴはポリアクリルアミドゲル電気泳動で精製されています。
  • HPLC:RNAオリゴは、精製のためにイオン交換高速液体クロマトグラフィーを受けています。
  • in vivo:RNAオリゴは、対イオン(Na +)交換、脱塩、滅菌ろ過、およびエンドトキシンテストによって処理されています。
  • in vivo HPLC:RNAオリゴはin vivoプロセッシングとHPLC精製の両方を受けています。