MENU
Horizon本社サイトへ
お問い合わせ
ホーム製品 / サービス情報CRISPR ModulationCRISPRa 遺伝子転写活性化

CRISPRa(CRISPR Activation)遺伝子転写活性化

CRISPR activationCRISPRa)試薬は、ネイティブコンテキストでの過剰発現によって遺伝子の機能を研究するための簡単で効率的なツールです。このシステムを動作させるには、ガイドRNAと触媒活性が不活化されたCas9dCas9)の2つのコンポーネントが必要です。

デザイン済み CRISPRa ガイドRNA

アルゴリズムで設計されたレンチウイルスベクターおよび化学合成ガイドRNAは、​​各遺伝子のプロモーター領域を標的としており、遺伝子の転写活性化を誘導します。

 

CRISPRa dCas9-VPR

3つの転写活性化ドメインに融合したヌクレアーゼ活性を不活化したCas9です。

SAM tracrRNA

化学合成CRISPRa crRNAとともに、SAM活性化システムのコンポーネント(NLS-dCas9-VP64およびMS2-p65-HSF1)を安定発現する細胞株で使用します。

概要

CRISPR-Cas9は、ゲノム二本鎖切断だけでなく、遺伝子の転写活性化または抑制にも使用できます。dCas9-VPRなどの転写活性化因子に融合した触媒活性が不活化されたCas9ヌクレアーゼ(dCas9)を、化学合成またはレンチウイルスタイプのガイドRNAと組み合わせて使用​​すると、内在性遺伝子の発現を550,000倍以上にアップレギュレートできます。

試薬選択のためのCRISPRaアッセイの考慮事項
dCas9-VPR ソース ガイドRNAフォーマット デリバリー方法 メリットと推奨される使い方
CRISPRa dCas9-VPRレンチウイルス粒子

dCas9-VPR安定細胞の形質導入と選択

化学合成 crRNA
トランスフェクション

または

エレクトロポレーション

  • 短期間アッセイ(2〜4日)
  • ターゲット遺伝子の活性化を高めるためのプールフォーマットcrRNAを選択可能
  • 1つ以上の遺伝子の転写活性化を行うマルチプレックス
  • アレイ化スクリーニングが可能
レンチウイルスsgRNA粒子
形質導入
  • 比較的長い期間のある時点のアッセイのための安定発現
  • 低MOI:ゲノム当たり1コピーの導入により、安定的に活性化を実現
レンチウイルスsgRNAプラスミド
トランスフェクション

または

エレクトロポレーション

  • 短期間アッセイ
  • ピューロマイシンによる濃縮選択
  • 1つ以上の遺伝子に転写活性化を行うマルチプレックスが可能
dCas9-VPRレンチウイルスプラスミド
レンチウイルスsgRNAプラスミド
dCas9-VPRプラスミドとの

コトランスフェクションまたは

エレクトロポレーション

  • 短期間アッセイ
  • 抗生物質による選択濃縮
  • レンチウイルスのゲノムへの挿入リスクの低減
dCas9-VPR mRNA
化学合成 crRNA
コトランスフェクションまたは

エレクトロポレーション

  • 短期間のアッセイ
  • 抗生物質または蛍光マーカーによる背濃縮
  • 外来性DNA、ゲノムへの試薬の挿入はありません

ワークフロー

CRISPRa製品は、特定の実験ニーズをサポートするために、いくつかの方法で組み合わせることができます。同時トランスフェクションを行う場合でも、安定したdCas9-VPR細胞株を作成する場合でも(推奨)、化学合成RNA、レンチウイルス粒子、またはグリセロールストック(プラスミド)sgRNAから選択し、dCas9-VPRプラスミドまたはレンチウイルス粒子と組み合わせることができます。

安定して発現するdCas9-VPR細胞によるCRISPRa転写活性化のワークフロー

Workflow for CRISPRa transcriptional activation with stably expressing dCas9-VPR cells

CRISPRaコトランスフェクションワークフロー
Edit-R CRISPRa co-transfection workflow