MENU
Horizon本社サイトへ
お問い合わせ
遺伝子改変済みHAP1細胞株

HAP1細胞株は、男性の慢性骨髄性白血病(CML)細胞系KBM-7に由来するほぼ一倍体のヒト細胞株です。HAP1細胞は、1つの対立遺伝子だけを変異させればよいため、遺伝子の機能または表現型解析のための確立されたツールとして使われています。

特長

信頼性

目的遺伝子以外は遺伝的に同質(アイソジェニック)なHAP1親細胞株とのペアで提供されます。親細胞株は、実験のコントロールとなり、他の要因に影響されずに目的遺伝子の役割を研究することを可能にします。

 確実性

遺伝学的特徴が明確であり、品質管理されたクローン細胞株です。標的遺伝子領域はサンガーシーケンスで塩基配列を確認しています。

手頃な研究ツール

手頃に、仮説検証モデル、副次的検証モデルとしてご利用いただけます。

一倍体細胞株

一般的に使用される細胞株の大部分は二倍体であるか、または、特定の対立遺伝子については複数のコピーを持っています。二倍体細胞株ではゲノム編集を行って遺伝子の機能を喪失させる際には、すべての対立遺伝子について機能喪失の変異を導入しなければ、表現型が現れません。

HAP1細胞株は各遺伝子のコピーが1つであり、改変された対立遺伝子が他の対立遺伝子によってマスクされないようにできるという利点があります。1つの対立遺伝子だけを変異させればよいため、HAP1細胞株は遺伝的分析のための確立されたツールとして使われています。ヒト由来であることも大きな利点です。

ヒト細胞株HAP1は、15番染色体のヘテロ接合型30メガベースの断片(染色体19の長腕に組み込まれています)を除いて一倍体です。22番染色体と9番染色体間での転座(フィラデルフィア染色体)は存在します(Essletzbichler P. et al. Genome Res.2014)。

HAP1細胞のスペクトル核型分析と明視野イメージング

 

製品の検索方法とご注文について

遺伝子改変済みHAP1細胞株は、本社サイトSearchバーより製品番号、製品名、HUGO遺伝子名、遺伝子名の俗称/別名、細胞株名などで検索できます。または、便利なCell Lines Catalog(Excelファイル)もダウンロード可能です。詳しくは、リンクより「遺伝子改変細胞株製品のご注文について」をご確認ください。

遺伝子改変細胞株製品の検索方法 ご注文について

遺伝子改変細胞株製品 希望小売価格表

関連リンク

【本社サイト】HAP1 cell line

各種資料 / 情報

遺伝子改変HAP1細胞株FAQ

HAP1細胞株を用いた研究論文リスト

HAP1細胞株 培養ガイドライン