MENU
Horizon本社サイトへ
お問い合わせ
iPSC:人工多能性幹細胞

特長

ヒトの多能性幹細胞で利用可能になったHorizonの主要な細胞株エンジニアリングサービス

人工多能性幹細胞(iPSC)は、in vitroトランスレーショナルリサーチモデルを研究者に提供します。疾患の再現が困難であったり、それらの安全性と有効性の予測可能性が増した新しい薬物標的を発見が難しい場合に、“disease in a dish”という研究手法を可能にします。

iPSCの遺伝子編集により、研究者は疾患のキードライバー変異を含む同質細胞モデルを作成して疾患メカニズムを理解することができます。同質細胞モデルは、そのほかのバックグラウンドの遺伝的変動性の非存在下で、遺伝子型と表現型との因果関係を決定することができます。

iPSCの使用例:
  • 研究対象の遺伝子のノックアウト
  • 疾患に関連した突然変異のノックイン
  • 疾患に由来するiPS細胞株の野生型への復帰
  • 選択したレポーターによる研究対象の遺伝子へのタグ付け
iPSCプロジェクト:
  • 細胞:顧客から提供されたiPSCまたはESC
  • 参考納期:17-27週間
  • 成果物:編集されたiPSCまたはESCと要約レポート
iPS細胞由来の疾患モデルの利点
  • 同種トリオを提供:内在性遺伝子座で正確に編集され、親細胞株の未編集対照細胞はバックグラウンドの遺伝的変動性の問題を排除するために利用可能です。
  • ヘテロ接合型およびホモ接合型の遺伝子型:遺伝子型の「用量依存的」効果の調査を可能にします。
  • 機能細胞モデル:重要な表現型は遺伝子編集された分化細胞型で確認されています。

 

関連リンク

【本社サイト】iPSC Induced Pluripotent Stem Cells