MENU
Horizon本社サイトへ Dharmaconサイトへ
お問い合わせ
免疫腫瘍学のための遺伝子編集

特長

カスタムエンジニアリングされた免疫細胞で行う免疫腫瘍学プロジェクト

免疫細胞株における遺伝子編集は、低い標的化効率および浮遊細胞のシングルセル誘導が難しいため、通常困難なものです。Horizo​​nは、遺伝子編集プロジェクト用にTHP-1、Jurkat、NALM-6細胞を含む10以上の免疫細胞株を検証しました。プロジェクト要件に応じて、CRISPR、rAAV、およびZFNの遺伝子編集技術が利用可能です。

Horizo​​nの持つ利用可能な事前に特徴付けられた免疫細胞株の最大のパネルと、2,000件を超える遺伝子編集プロジェクトの経験とノウハウをぜひ研究にお役立てください。

免疫腫瘍学提供のための遺伝子編集
  • 修飾:ノックイン、ノックアウト(点突然変異、タグ、レポーター遺伝子)
  • テクノロジー:プロジェクト要件に応じたCRISPR、rAAV、またはZFN
  • 予定納期:13-32週間
  • 成果物:同質細胞株ペアとサマリーレポート
細胞株
Cell line Species Cell Type Disease
TF-1 Human Erythroblast Erythroleukemia
THP-1 Human Monocyte Acute monocytic leukemia
MOLT-4 Human T-lymphoblast Acute lymphoblastic leukemia
NALM-6 Human B-cell Acute lymphoblastic leukemia
KMS-11 Human B-cell precursor Myeloma
K-562 Human Lymphoblast Chronic myelogenous leukemia
Jurkat Human T-lymphocyte Acute T-cell leukemia
J.RT3-T3.5 Human T-lymphocyte Acute T-cell leukemia
H9 Human Cutaneous T-lymphocyte Lymphoma
CCRF-CEM Human T-lymphoblast Acute lymphoblastic leukemia
A20 Mouse B-lymphocyte Reticulum cell sarcoma

ケーススタディ

ケーススタディI:Jurkat細胞におけるヘテロ接合型CRISPRノックアウト

ヘテロ接合ノックアウトを有する陽性クローンをPCRおよびSangerシーケンシングにより同定しました。51位に早期終止コドンを導入する11bpの欠失が一つの対立遺伝子に存在します。

ケーススタディII:THP-1細胞におけるCRISPRを介した遺伝子破壊

2つの遺伝子に対するCRISPR標的試薬をTHP-1細胞に導入後、各遺伝子のCRISPRを介する破壊がSurveyorアッセイによって同定されました(*によって示される)。

https://www.horizondiscovery.com/media/wysiwyg/landing-page-images/research-services/immunoncology/Gene-editing%20for%20Immuno-Oncology/Case_Study_2_Diagram.jpg