MENU
Horizon本社サイトへ
お問い合わせ
ホームお知らせ&イベントお知らせプレスリリースRentschler Biopharma、発現が難しいタンパク質用の細胞株開発製品を補完するために、Horizon DiscoveryのCHOSOURCEプラットフォームのライセンスを取得

Rentschler Biopharma、発現が難しいタンパク質用の細胞株開発製品を補完するために、Horizon DiscoveryのCHOSOURCEプラットフォームのライセンスを取得

プレスリリース
2020.05.26

本ニュースは2020年5月19日にリリースされた英文を翻訳し、2020年5月26日に本ニュースサイトに掲載したものです。本文書の正文は、英文であり、本文書は英文の理解を助けるための翻訳文です。本文書と英文で意味が異なる場合には、常に英文が優先し、当社は本文書と英文の相違等について一切責任を負いませんのでご了承ください。

 

2020.5.19

CHOSOURCEプラットフォームはRentschler Biopharmaの新しい社内細胞株開発プロセスと組み合わせて、速度、安定性、高収量を提供します。

 

ドイツ ラウプハイム、米国マサチューセッツ州ミルフォード、および英国ケンブリッジ、 2020年5月19日:バイオ医薬品の世界的な医薬品受託製造開発機関(CDMO:contract development and manufacturing organization)であるRentschler Biopharma SEと、細胞株エンジニアリングのための遺伝子編集および遺伝子発現調節技術の応用における世界的リーダーであるHorizon Discoveryは、本日、商用ライセンス契約の締結を発表しました。

契約条件に基づき、HorizonのCHOSOURCE™プラットフォームは、Rentschler Biopharmaの新しい社内プロセスと組み合わせて、発現が困難なタンパク質用の細胞株開発に使用されます。Horizonの遺伝子編集済みグルタミン合成酵素(GS:Glutamine Synthetase)ノックアウトチャイニーズハムスター卵巣(CHO:Chinese Hamster Ovary)K1 cGMP準拠の細胞株は、Rentschler Biopharmaの既存のサービス提供を補完し、非常に複雑なタンパク質の生産についてロイヤリティフリーで最先端の代替手段を提供するものです。これは、初期の医薬品開発から商業生産までの研究者をサポートします。

HorizonとRentschler Biopharmaは、本契約を締結することで、大手製薬会社から臨床試験段階のバイオテクノロジー企業や初期段階のスタートアップまでのあらゆる規模の組織に、バイオ医薬品製造の効率化の推進を可能にすることを目指しています。Rentschler Biopharmaの統合プラットフォームプロセスは、Horizonの細胞株とともに、複雑な医学研究を卓越したバイオ医薬品に変換するための革新的でカスタマイズされたソリューションを提供します。これにより、タンパク質発現の水準を高め、クライアントは、コンセプトから市場に至るまで、デザイナータンパク質治療のための安定的で柔軟なアプローチにアクセスできるようになります。

Rentschler BiopharmaのCEOであるDr. Frank Mathiasは次のようにコメントしています。「Rentschler Biopharmaは、バリューチェーン全体において最適で真に統合されたソリューションをクライアントに提供するため、常に努力しています。私たちは、独自の手段と強力なパートナーシップを通じてこれを実現しています。細胞株エンジニアリングの分野で卓越した実績を持つ、非常に有名な企業であるHorizonとの新しいコラボレーションは、目的に適したアプローチを大幅に拡大します。」

Horizon DiscoveryのCEOであるTerry Pizzieは、次のようにコメントしています。「バイオマニュファクチャリングの分野で、このように高く評価されている組織と協力できることを非常に嬉しく思います。この合意は、バイオ製造における2つの世界的な企業を結集させるものであり、あらゆる規模の組織がバイオ医薬品の開発と生産の効率化を推進できるようにCHOSOURCEプラットフォームへのアクセスを可能にするという私たちの精神をさらにサポートします。」

 

ENDS

 

Rentschler Biopharma SEについて

Rentschler Biopharmaは、クライアントプロジェクトに焦点を当てた、医薬品受託製造開発機関(CDMO)です。Rentschler Biopharmaは、ドイツのラウプハイムに本社を置き、米国マサチューセッツ州ミルフォードに拠点を構え、バイオ医薬品のプロセス開発と製造、およびプロジェクト管理や規制に関するサポートなどの関連するコンサルティング活動を提供しています。Rentschler Biopharmaの高い品質は、クライアントのソリューションパートナーとしての長年の経験と卓越性によって証明されています。

高レベルの品質管理システム、確立された運用の卓越性の哲学、および高度なテクノロジーにより、各開発および製造ステップで製品の品質と生産性を確保します。バリューチェーン全体で最適なソリューションを提供するために、同社はLeukocare AGと製剤開発のための戦略的提携を結びました。Rentschler Biopharmaは、約1,000人の従業員を抱える同族経営の会社です。

詳細については、www.rentschler-biopharma.comをご覧ください。 LinkedInおよびFacebookでRentschler Biopharmaをフォローしてください。

 

Horizo​​n Discovery Group plcについて www.horizondiscovery.com

Horizon Discovery Group plc(ロンドン証券取引所:HZD)(以下、Horizon)は、世界のライフサイエンス市場において遺伝子編集および遺伝子発現調節の応用を推進し、基礎研究から治療開発研究に至る領域で活躍する研究者をサポートしています。

細胞株のエンジニアリングにおける10年以上の経験に基づいて、Horizonは、科学者が遺伝子機能の理解を深めるため、ヒト疾患の原因となる遺伝的要因を特定するため、プレシジョン・メディシンのためのバイオ医薬品/細胞療法/遺伝子療法を実現するため、そして診断ワークフローを開発および検証するための、比類のないツールおよびサービスのポートフォリオを提供します。

Horizonのソリューションは、ヒトおよび他の哺乳動物細胞株において、ほとんど全ての遺伝子の改変あるいは機能調節を可能にします。当社の顧客には、世界の主要な学術機関、世界的な製薬およびバイオテクノロジー企業、ならびに臨床診断研究所の多くが含まれます。これらの組織が直面する課題に対する洞察し、それにより当社は、当社の製品を差別化するだけでなくプレシジョン・メディシンの次世代の開発を促進するような革新的なソリューションの開発に努力を集中することが可能です。

Horizonは英国ケンブリッジに本社を置き、米国および日本にオフィスを構えています。当グループは、ロンドン証券取引所のAIM市場でHZDのティッカーシンボルで上場しています。

 

Horizo​​nのCHOSOURCE™プラットフォームについて

Horizo​​n独自のCHOSOURCE™プラットフォームは、GSノックアウトCHO K1細胞株とともに、デュアルプロモーター発現ベクターとの組み合わせで構成され、宿主細胞株開発の業界標準として確立しており、細胞株の選択、コストや生産プロセスの最適化を促進するものです。包括的な細胞株の履歴と明確な知的所有権(IP)の地位により、バイオ医薬品生産における自由な実施(freedom to operate)が保証されます。Horizo​​nの堅牢なCHO GSノックアウト宿主細胞株は、優れた性能実績を持ち合わせた最適な発現システムを提供します。

 

本プレスリリースの英文は、こちらからお読みいただけます。